原巨人 中継ぎ崩壊危機を救う「あの男」の存在とは

タグ: , 2022/6/6

 またも「サンデー勝利」はお預けとなった。巨人は5日のロッテ戦(東京ドーム)に4ー10と敗れた。山崎伊の乱調が誤算。ここまで眠っていたロッテ打線を一気によみがえらせ、1試合5本塁打と一発攻勢にあった。これで日曜日の試合は7連敗となった。

【関連記事】新庄ハムの「思い出作り」行動が波紋 ささやかれる「内部崩壊」危機とは

 中10日での先発登板となった山崎伊は初回こそ無失点に抑えたもの、チームが丸、ウォーカーの連続弾で2点を先制した直後にすぐに同点に追いつかれるなど、制球が定まらない。3回は一死後、二者連続死球、四球で一死満塁とすると原監督はたまらずベンチを飛び出し、交代を告げた。

 日曜日に試合を作れない悪循環が続いている。若手の積極起用「チャレンジ枠」ともなっている曜日だが、この日の山崎伊、前週の横川など結果を残せていない。結果として中継ぎ陣にも負担がかかっている。

 日曜日の試合は特に早期降板が続いていることでこの日も7人の継投でつなぐことに。5回から登板した3番手の戸田がマーティン、佐藤都に連続弾を浴びるなど、勢いは止められなかった。





 そんな中で明るい材料となりそうなのが、タフネス右腕、鍵谷の合流だ。5点ビハインドの9回から、マウンドに上がった鍵谷は先頭打者のレアードに初球をいきなりバックスクリーンへ運ばれたものの、後続はしっかりと3人で抑え、1回1安打1失点。今季初登板を終えた。

 昨季はチーム最多の59試合に登板して3勝0敗1セーブ15ホールド、防御率3・19とフル回転の活躍を見せたが、今季はここまでコンディション不良もあり、下で調整を続けていた。ようやくこのカードから一軍昇格を果たしていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧