20歳の大学生・岡田侑大が23得点の活躍で三河が3位浮上!

タグ: , , , 2019/1/31

 シーホース三河は横浜ビー・コルセアーズとの今季初対戦。序盤から三河がペースを握る。1Qから13点差と突き放し、4Qでは失点を5に止めて、若手を中心に27得点を奪って圧倒。チーム最多得点差となる34点差をつけて快勝した。

 20歳の岡田がキャリアハイを更新する、ゲームハイの23得点をマーク、ミークスが20得点14リバウンドと3試合連続でダブルダブルを達成して勝利に貢献した。金丸が17得点、桜木が13得点と安定感のあるプレーで若手の活躍を引き立てた。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

1Q 横浜11–24三河


金丸、ミークスが牽引、13点のリードの好スタート

スターティング5は、#3ミークス、5バッツ、#12西川、#14金丸、#46生原。

#3ミークスがミドルシュートを決めて波に乗ると、#14金丸もドリブルで相手のハードなマークかわしてレイアップ。さらに#3ミークスのアタック、#14金丸のフリースローと、#14金丸が11得点、#3ミークスが8得点を挙げてオフェンスを引っ張る。
守っては横浜のスコアラー・川村をタイトなディフェンスで抑え、ゴール下では#5バッツ、#3ミークスがリバウンドで上回って11失点に封じる。#12西川の3Pシュートで二桁リードを奪うと、#14金丸のブザービーターの3Pシュートが美しい弧を描いてリングを通過し、13点リードで1Qを終えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧