71年目の名門チーム、大阪2連戦は1勝1敗で上位追撃ならず 金丸、岡田は好調を維持

タグ: , , , 2019/2/4

 前節の横浜ビー・コルセアーズ戦で大勝し、自信を深めて大阪に乗り込んだシーホース三河。大阪エヴェッサとの今季初対戦は、全てのQで上回る会心の試合運びで大阪78–98三河で快勝した。

 金丸晃輔が20分の出場で34得点、ミークスが18得点16得点7アシストの4試合連続のダブルダブルと絶好調。岡田侑大が16得点、西川貴之が11得点4アシストと4人が二桁得点をマーク。さらに生原秀将も9得点、桜木ジェイアールが5得点7アシストとチーム全員が攻め気を貫き、20点差をつけてGame1を完勝。3連勝を摑み取った。

 しかしGame2は、序盤からエナジー全開の大阪に主導権を奪われ、最大21点のビハインドを背負った。後半巻き返して1ポゼッション差まで迫ったが、追いつくことができず大阪82–78三河で悔しい敗戦となった。

 金丸が25得点、ベテランの桜木が23得点10リバウンド9アシストとトリプルダブル級の働きで引っ張ったが、わずかに1本届かず。4連勝を飾ることができなかった。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

<Game1レポート> 1Q 大阪 17–27 三河


絶好調・金丸 21得点の大爆発

スターティング5は、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。

序盤から#14金丸が#3ミークスのスクリーンを使ってリングにアタックしてジャンプシュートを決めると、ステップバックシュート、体勢を崩しながらジャンプシュートを立て続けにねじ込み、キレのある動きで好調ぶりをうかがわせる。

大阪#1今野の3Pシュートで9-8と先行されれば、すぐさまファストブレイクから#14金丸が3Pシュートを決め返し、その後も高確率でシュートを決め続けて21得点を叩き出す大当たり。17-27とスタートダッシュに成功し、ベンチに戻った#14金丸からは自然と笑顔がこぼれる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧