激しい攻防を繰り返すも川崎に2連敗。バスケ・三河、苦戦続く・・・

タグ: , , , 2019/12/18

 12月17日(火)、中地区首位の川崎ブレイブサンダースと対戦したシーホース三河。1Qをリードして終えるも、2Q以降は川崎の勢いを止められず、10点差で敗れた。

善戦するも一歩届かず、なかなか勝てない三河に足りないものは…。2019年もあと2週間。5試合を残すハードスケジュールだが、カレンダーに白星を並べ新年を迎えることができるか。

―12月17日(火)試合結果―
三河 76● – 86◯ 川崎
(三河通算成績5勝16敗)

・今すぐ読みたい→
リアル・ミッチー 集中力の整え方 金丸晃輔(三河)(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-concentration-kohsuke-kanamaru/)

1Q 三河 21–19 川崎


気迫のこもったプレーで主導権を奪う

スターティング5は、#11熊谷、#14金丸、#22シモンズ、#24加藤、#54ガードナー。

立ち上がりから気迫あふれるプレーで主導権を握る。#22シモンズが川崎#22ファジーカスのシュートをブロックショットで跳ね返すなど、全員が身体を張ったディフェンスで川崎のオフェンスを停滞させ、約3分半を無失点に封じる。攻撃では#14金丸、#1川村が積極的に攻め立ててフリースローや3Pシュートで得点。シュートが落ちても#22シモンズがリバウンドを奪って10-2と好スタートを切る。

川崎はオールコートで厳しくプレッシャーをかけて対抗し、#7篠山、#0藤井の得点で反撃。21-19の2点リードで1Qを終える。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧