残り7秒の金丸弾!バスケ・三河、リーグ戦好調をキープし7連勝

タグ: , , , 2020/1/16

 1月15日(水)、シーホース三河は富山グラウジーズと対戦。リードして後半を迎えた三河だが、3Qで同点に追いつかれる。取られては取り返す、まさにシーソーゲームとなった4Q、ゲームを決めたのはエース金丸晃輔。外さない男が着実に得点を重ね7連勝、中地区2位をキープした。

新加入のクリス・ジョンソンは18得点をあげ、チームに貢献。今後の活躍に注目したい。

リーグ戦で連勝し勢いにのる三河だが、1月9日(木)に行われた「第95回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会」のファイナルラウンド準々決勝は、滋賀レイクスターズに惜敗している。

―1月15日(水)試合結果―
〇三河78-76 富山●
(三河通算成績12勝17敗)

1Q 三河26-20 富山


川村6得点4アシスト、金丸9得点で打ち合いを制す

スターティング5は、#1川村、#11熊谷、#14金丸、#32桜木、#54ガードナー。

#1川村の3Pシュートで幸先良く先制すると、#11熊谷が速いボールプッシュからミドルシュートを射抜いて主導権を握る。

開始3分半に富山#7阿部の3Pシュートで逆転を許すが、すぐに#54ガードナーの得点で追いつき、そこからは激しいスコアリングバトルに突入。富山が#7阿部、#0ライオンズの3Pシュート攻勢で引き離しにかかれば、三河は#1川村、#11熊谷、#14金丸の3Pシュートで渡り合う。

残り3分、#14金丸がリバースレイアップを沈めて18-18の同点とすると、ディフェンスをクルッとかわしてフェイダウェイ、ドライブで切り裂いてジャンプシュートと一挙9得点を挙げる「金丸タイム」で勝ち越し。さらに終了間際に、リーグ戦初出場となる#21ジョンソン、#11熊谷がスティールから立て続けにスコアして20-26と抜け出す。

・今すぐ読みたい→
リアル・ミッチー 集中力の整え方 金丸晃輔(三河)(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-concentration-kohsuke-kanamaru/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧