バスケ・三河、ベテラン奮起!ハイスコアゲームを制し、北海道戦は1勝1敗に

タグ: , , , 2020/2/10

 北海きたえーるにおいて行なわれた「シーホース三河vsレバンガ北海道」戦。

2月8日(土)、シーホース三河はエース・金丸が怪我から復帰し、3Pシュートで得点を重ねるも、北海道の勢いを止めることができず破れた。翌9日(日)、三河は前半をリードで終える。しかし、北海道の激しい追い上げに合い、さらにジョンソンが退場と嫌な流れに…。このピンチに奮起したのは、ベテラン桜木と川村だ。ふたりがチームを引っ張り、ハイスコアゲームを見事に制した。

・合わせて読みたい→
リアル・ミッチー 集中力の整え方 金丸晃輔(三河)(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-concentration-kohsuke-kanamaru/)

2/8(土) シーホース三河vsレバンガ北海道 Game1レポート / 試合後コメント

―2月8日(土)試合結果―
● 三河84-97北海道 ◯
(三河通算成績16勝20敗)

1Q 三河18-16 北海道


ガードナー 9得点、桜木6得点で牽引

スターティング5は、#1川村、#9森川、#11熊谷、#32桜木、#54ガードナー。

序盤から北海道は#54ガードナーに対してダブルチームを徹底するが、#54ガードナーはそれを上回り、3Pシュートや軽やかなステップでディフェンスをかわしてシュートをねじ込んでいく。さらにダブルチームを逆手に取って#1川村の3Pシュートをアシストし、3-12と幸先の良いスタートを切る。

しかし残り3分を過ぎると、北海道の激しいディフェンスにオフェンスが停滞し、ファストブレイクから北海道#2カミングス、#8多嶋に決められて2点差に詰め寄られる。

2Q 三河42-38北海道(三河24-22北海道)

インサイドでの熾烈な主導権争いが続く

スタートは#1川村、#11熊谷、#14金丸、#21ジョンソン、#32桜木。

北海道#6パプ月瑠の連続得点で追いつかれるも、#21ジョンソンのダンク、ミドルシュートで応戦。北海道#2カミングスのバスケットカウントで逆転されるが、#32桜木のフリースローですぐに同点にすると、#2岡田の連続得点で再びリードを奪う。

インサイドでの激しい攻防が続き、北海道#1ミークスの得点で再逆転されるが、#54ガードナーのフリースローでつなぎ、#11熊谷のドライブ、4試合ぶりに復帰した#14金丸のカットインで4点リードして前半を終えた。

3Q 三河60-65北海道(三河18-27北海道)

北海道の速攻を止められず、5点ビハインドで最終Qヘ

スタートは、#1川村、#9森川、#11熊谷、#21ジョンソン、#54ガードナー。

#54ガードナーを起点にパスを散らして外からのシュート、#54ガードナーのインサイドアタックとバランス良く攻めるが、シュートが決まらず。リバウンドから走られて、開始2分に北海道#6パプ月瑠のバスケットカウントでリードを奪われる。

#11熊谷、#1川村の3Pシュートで逆転して流れを引き寄せようとするが、その度に北海道は#16内田が3Pシュートを決め返し、さらにファストブレイクから#1ミークス、#6 パプ月瑠が得点して勢いを加速させる。

#21ジョンソンのペイントアタック、#1川村のカットインで食らいつき、1、2ポゼッション差で追う展開が続くが、ラストプレーで北海道#1ミークスのバスケットカウントを決められ、5点のビハインドで最終Qを迎えた。

4Q 三河84-97北海道(三河24-32北海道)

金丸の猛追で1点差まで迫るも、終盤に失速

スタートは、#1川村、#7長野、#14金丸、#21ジョンソン、#32桜木。

#32桜木の得点で先制すると、エース金丸の立て続けに3Pシュートを射抜いて、開始1分半で68-69と1点差に詰め寄る。開始3分には#14金丸が3Pシュートのバスケットカウントで1点差、4分半には#21ジョンソンのダンクで2点差と、何度もあと一歩まで迫ったが、北海道も簡単には流れを明け渡さず、リードを奪うことができない。

北海道の粘り強いディフェンスの前に得点が止まると、#1ミークスの連続得点などで徐々に離され、残り2分に#8多嶋の3Pシュートで90-77と苦しい展開に。それでも#11熊谷の3Pシュートなどで最後まで勝利を目指したが、最終スコア 北海道 97–84 三河で第1戦を落とした。

シーホース三河 ヘッドコーチ 鈴木貴美一  試合後コメント

今日は前半(1Q、2Q)はいい感じに入れたんですけど、やっぱり後半のリバウンド。前半もやられましたけど、後半も引き続き簡単に取られて、相手のオフェンス回数を増やしてしまったことが良くなかったです。

それから、勝負所でシュートが落ちた後に下を向いてすぐ戻らなかったとか、そういった単純なところ。当然1本2本はあるでしょうけども、そのあとの切り替えが出来なかったところが敗因だと思います。

北海道さんは最初から最後までエナジー全開で、ファウルトラブルもありながらも、しっかりベンチメンバーが頑張って、最後の勝負所まで踏ん張ったことが素晴らしかったと思います。

僕らは今日の悪かったところをしっかり反省して、明日を迎えたいです。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧