宇都宮のディフェンスに苦戦の三河、ペース取り戻せず惜敗

タグ: , , , 2020/2/17

 B1リーグも後半戦に入り、各地区の順位も気になりはじめた。

CS進出を目指すシーホース三河は中地区2位。何としても勝ち星を重ね、現在の順位をキープしたい三河は、2月16日(日)、スカイホール豊田で宇都宮ブレックスと対戦した。

1Q、宇都宮のディフェンスに苦しめられるも4点リードで終えた三河。しかし、2Q終盤からペースを乱し連続失点。その後、粘りを見せるものの、リズムを引き戻すことができず惜敗を喫した。

―2月16日(日)試合結果―
● 三河 75-83 ◯ 宇都宮
(三河通算成績17勝21敗)

1Q 三河 27–23 宇都宮


両エース合わせて20得点、堅守の宇都宮から27得点を奪う

スターティング5は、#1川村、#11熊谷、#14金丸、#32桜木、#54ガードナー。

オールコートでプレッシャーをかける宇都宮のディフェンスに苦しめられるも、#54ガードナーが個人技で打開し、互角の点の取り合いに持ち込む。

宇都宮#6比江島、#22ロシターにファストブレイクから得点されて11-16とリードを許すが、約1ヶ月ぶりにスターターに名を連ねた#14金丸がアグレッシグなペイントアタックからバスケットカウント、ボーナススロー、ミドルシュートと計9得点で反撃。

残り2分に#54ガードナーの3Pシュートで同点に追いつくと、#1川村のカットインで勝ち越し。#22シモンズのダンク、#54ガードナーのユーロステップからのジャンプシュートで点差を4点に広げる。

・今すぐ読みたい→
リアル・ミッチー 集中力の整え方 金丸晃輔(三河)(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-concentration-kohsuke-kanamaru/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧