G小林誠司 異例の長期契約だった!「原査定」に広がる波紋とは

タグ: , , 2021/12/8

 巨人・小林誠司捕手(32)が7日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉を行い、現状維持の1億円で更改した。

 今季の出場は64試合で打率・093、1本塁打、3打点と低迷した。正捕手争いが注目を集める中、主戦捕手となったのは、大城だった。大城が95試合で先発マスクをかぶる中、小林は27試合にとどまった。

・今すぐ読みたい→
プロ野球選手会が「ふざけるな」と憤る「あの球団」と「致命的な問題」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/jpbpa-problem/



 打率が1割未満と成績が低迷したのにも関わらず、現状維持だったのは球団と結ぶ複数年契約にあった。このたび初めて「4年契約」だったことを明かした。19年オフに結び、今季で2年が終了、残り2年残っているという。

 この契約には原監督の意向が働いていた。2019年に第3次政権として現場に復帰した同監督が「これからもジャイアンツに必要な選手」と、年俸6000万円からの大幅増と複数年契約を球団側に打診したという。複数年の事実を小林はこれまでも認めていたが、具体的な年数が本人の口から明かされたのは今回が初めてだった。

 一方、複数年契約を結んでからの小林の成績は2020年度は10試合に出場、打率・056、0本塁打、0打点。特に昨年は開幕直後に左手首に死球を受けるアクシデントで左尺骨を骨折。長期離脱を強いられ、プロ最少の出場試合数となった。シーズン終盤には二軍公式戦で今度は右手人差し指を骨折してしまい、負傷の影響から日本シリーズ出場が不可能となったことで原監督が激怒。「野球選手じゃない」「職場放棄」などと厳しい言葉で批判されたことも注目を集めた。





 雪辱を期して臨んだ複数年契約の2年目も低空飛行が続いたとあって、球界内からも「ここまでの結果を見る限り、複数年契約は明らかに失敗でしょうね。小林の捕手としての魅力はあるが、打撃があそこまでひどいと、首脳陣がスタメンマスクをためらってしまうのも仕方がない」(球界関係者)と『原査定』に厳しい目が向けられた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧