星稜高校初のプロ野球選手は?ドラ1は歴代何人?

タグ: , , 2019/8/25

 惜しくも準優勝に終わったが、今年の甲子園で星稜高・奥川恭伸投手はさらに評価を高めた。もともと高校四天王の一角に挙げられ、今秋のドラフト会議での1位指名は確実視されていたが、複数球団による競合は避けられない情勢となった。

 星稜といえば、歴史に残る箕島高との延長18回の死闘など、北陸地方では名の知れた名門。春夏通じて初の優勝が期待されたものの、最後は履正社に屈して1995年に続く準優勝となった。

 OBで最も名前があるのは巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜。甲子園でもラッキーゾーン撤去後初アーチや、5連続敬遠などの伝説を数多く残し、1992年ドラフト1位で巨人に入団。長嶋茂雄監督の指導の下、日本人最高のスラッガーへ成長していった。

星稜高校プロ第一号は?


 そんな名門高からプロ野球選手第1号となったのは、中日で一時代を築いた小松辰雄だった。2年夏の甲子園はエースとして準決勝進出に導く活躍をみせた。星稜は2度目の夏甲子園出場だったが、その名を全国に轟かせた。

 3年時は春夏とも1回戦敗退だったが、自身3大会連続で甲子園出場。星稜が甲子園常連高の仲間入りを果たす最初のきっかけとなった。

 1977年のドラフト2位で中日に入団。1994年に引退するまで17シーズン、毎年1軍で試合に投げ続けた。150kmを超す剛速球が最大の武器だった。通算432試合に登板し、122勝102敗50セーブ、防御率3・44の成績を残した。

 キャリアハイと言えるのは1985年。33試合に投げ17勝8敗1セーブ、防御率2・65で、14完投の一方で救援登板も8試合あり、まさに大車輪の活躍を演じた。最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、そして沢村賞とタイトルを総なめした。星稜OBのプロ1号であり、最高の投手は小松、という評価に異論を挟む余地はない。奥川は、この大先輩の残した実績に挑むこととなる。

・合わせて読みたい→
24年前の甲子園準V投手が語る「今年の星稜は24年前の決勝と深く繋がっている。だからこそ涙が溢れる」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tanakadaiki-serialization-9/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧