星稜にとっての「甲子園の魔物」

タグ: , , 2019/3/30

  甲子園での星稜(石川)は、負けてもインパクトを残す。

 優勝候補として乗り込んだ今年のセンバツ大会だったが、28日の2回戦で習志野(千葉)に1-3で敗れた。「事件」は試合後に起きた。林和成監督(43)が習志野の控室に乗り込み、小林徹監督(56)にサイン盗みを疑われる行為をしたと猛抗議。「フェアじゃない。証拠はありますよ。映像をここで見せてもいいんですよ」と強い口調で訴えた。関係者によって引き離されたが、前代未聞の直接抗議に、取材ルームには緊迫した空気が流れた。

・合わせて読みたい→
中村紀洋 高校野球は施設が整っていなくても強くなれる(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/become-stronger-even-if-not-well-equipped-facilities/)


 翌29日、高野連から事情聴取を受けた林監督は謝罪。「言動、行動の批判を受けて何らかの処分があるのなら、受け止めます。軽はずみでやったことではない。ただ、やり方が間違っていた」と覚悟を決めての行動だったことを明かした。控室への『乱入』について、1度は引き下がったが収まらず、再び乗り込んだ理由に「最初に(習志野の監督から)『星稜さんもやっているでしょ』と言われた。根拠がないことで犯人扱いをされたことには謝罪を求めたい」と不満を募らせた。

 「星稜さんもやっている」と林監督が話したことについて、習志野小林監督は「記憶にない。あの状況で何について言われているのか分からなかった。細かに話をする余裕がなく、言い返すことはなかった」。疑われたサイン盗みについても「当然そういったことはない。4回に4人の審判がお集まりになりましたが、我々のベンチに注意はありませんでした。それが全てです」と完全否定した。

 28日の試合では、二塁走者が打者に球種を伝達している疑いがあることを、星稜は捕手を通じて球審に伝えた。4人の審判団が集まって協議し、そうした行為はなかったとした。塁審が二塁走者に「まぎらわしい行為はしないように」と注意を与え、試合を再開。試合後に林監督は、習志野が1回戦で日章学園(宮崎)と対戦した際、二塁走者に不審な動きがあったと主張。「証拠」と表現したビデオについて「提出を求められれば提出する」という考えを示した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧