ドラ1・藤原恭大が大切にする大阪桐蔭恩師の言葉とノート 【千葉ロッテ選手が大切にDOする言葉】

タグ: , , 2018/12/8

 「野球が上手ければいいと思うなよ。大切なのは人間力だぞ」。

千葉ロッテマリーンズにドラフト1位で入団した藤原恭大外野手にとって忘れられない言葉を掛けられたのは大阪桐蔭高校に入学して間もなくのことだった。

「中学校までの自分は周りの事などまったく気にすることがありませんでした。それこそ野球が上手ければいい。そんな気持ちが正直、ありました。自分が、自分がという自分勝手な人間でした。でも、それでは駄目だということを教わりました」

(c)千葉ロッテマリーンズ

・合わせて読みたい→
ロッテ・福浦和也 2000本達成の「源」となった動作、ルーティン【千葉ロッテ選手が大切にDOする言葉】(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kazuyafukuura-routine-work/)

毎日ノートに書いた事


 指導をしてくれたのは大阪桐蔭高校野球部の西谷浩一監督。中学校時代から将来有望な選手として注目を集めて入学をした藤原ら選手たちを集めて諭した。そしてノートに毎日、その日の出来事や思ったことを書きとめるよう指示した。

 「今日あった事や、チームの事、学校の事など、とにかくその日に思った気持ちや悩み、反省点、間違った事を書き込むようになりました。野球の事はほとんど書いてなかったと思います。でも、そうやって一日を振り返ると色々な事を想えるようになりました」

 それまでは自分中心だったという若者は監督から口酸っぱく言われながら、徐々に人としてどうあるべきかを考えるようになった。3年生になると副キャプテンも務め自然とチーム、後輩の事も考えるようになった。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧