春のセンバツ出場校サプライズ選出で物議 選ばれた名将も「嘘だろ?」、当確視された悲願の初出場逃したナインは涙

タグ: , 2022/1/29


 第94回選抜高校野球大会の選考委員会が28日に行われ、出場32校が発表されたが、サプライズ選出が物議を醸した。2校の出場枠がある東海地区で、秋季大会優勝の日大三島に続き、出場が決まったのはベスト4の大垣日大。準優勝の聖隷クリストファーはまさかの落選となった。

・今すぐ読みたい→
センバツ高校野球「最後の1枠」近江、明徳が涙・・・あいまい選考の裏側 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/koshien-ambiguous-selection/



 「選ばれるものだと思っていました」とがっくり肩を落としたのは、聖隷クリストファーの校長も務めている上村敏正監督。東海大会の決勝進出校が選出されなかったのは44年ぶり。同校は補欠1校目となった。春夏通じて甲子園の出場はなく、つかみかけていた初出場は幻と消えた。

 2回戦、準決勝と苦しみながら、逆転で決勝へ進出した。2回戦は中京相手に2点差を追う9回、相手守備の乱れから1点を返し、なお押し出し四球から2点を奪い逆転勝利。準決勝は至学館に同点の9回表に3点勝ち越されるも、その裏にサヨナラ勝ちを飾った。

 一方の大垣日大は準決勝で優勝した日大三島の前に5-10で敗退。聖隷クリストファーは決勝で日大三島に3-6で逆転負けしており、得失点差という点でも聖隷クリストファーに分がある。

 また、大垣日大は岐阜県大会は2位。決勝で中京に敗れたのだが、聖隷クリストファーはその中京を東海大会で下している。大垣日大は2回戦で優勝候補の愛知県大会覇者・享栄を3-2で下していた。その点が高く評価されたのか。もしくは静岡県から2校出場という点が、判断材料の一つのされたのだろうか。





 選考委員会でも意見が拮抗し、賛否が分かれたという。同県から2校という点は判断材料にはならなかったとし、「勝つ可能性が高いことが基準」とセンバツで勝利を挙げることを最優先してチームの力量を見極めたという。「個人の力量に勝る大垣日大か、粘り強さの聖隷クリストファーかで賛否が分かれましたが、投打に勝る大垣日大を推薦校とします」とした。

 言葉を失った聖隷クリストファーに対し、ネット上では同情的な意見が次々と飛び交った。「まるで意味が分からない。これなら地方大会なんかいらない」「さすがに聖隷の選手たちがかわいそうすぎる」「納得できる人はいますか?あり得ない」と選考委員の選択にあきれかえった様子でさえあった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧