阪神・藤浪 「中継ぎ拒否」し、相手エースと呉越同舟の目算とは 〈がけっぷちの男たち〉

タグ: , , 2022/1/2


 大器晩成ともいわれるが・・・。阪神・藤浪晋太郎投手(27)がいよいよ正念場を迎えている。オフに行われた契約更改交渉では、1100万円減の年俸4900万円でサイン。2016年の1億7000万円から6年連続のダウン提示が続いていることで「正直クソっ!て思いもあります」と結果を示せない自身のふがいなさを嘆く場面もあった。(年俸は推定)

・今すぐ読みたい→
阪神・矢野監督 背水のシーズン、鍵を握るのは「あの選手」の起用法 〈がけっぷちの男たち〉 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akihiroyano-stand-on-the-edge/


 さらにチーム内外の注目を集めたのは次の発言だった。

「チーム事情的にも厳しいのはよく分かっているが、先発をやりたい。エゴを通せないようなら、中継ぎでも中途半端、大した成績を残せないと思っている」

 今季はプロ9年目にして初めて開幕投手の大役を務めた。3月26日に神宮でヤクルトと行われた試合に5回5安打2失点。しかし、その後は失速。不振で4月下旬に二軍降格、シーズン途中は中継ぎ起用される場面もあったが、21試合で3勝3敗、防御率5・21と「居場所」は相変わらず見つからなかった。

 先発直訴が厳しい道のりであることも自覚している。現在虎の先発投手陣は最多勝を獲得した青柳に加え、2年連続2桁勝利の秋山、ガンケル、伊藤将、西勇ら充実のラインアップ。さらに及川、アルカンタラも先発に転向予定とあって、枠はあふれ返っている。一方、リリーフ陣に目を転じれば、手薄なことは否めない。ここ2年間はリリーバーとして試合に出ることが多かった藤浪も重要なポジションであることは自覚している。





 それでも先発にこだわりたい理由はなぜか。

 「自分が野球やっている中で先発の勝ちが一番気持ちがいい瞬間だから」と原点回帰の意味でも先発を直訴している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧