「このスイングは違った」大谷翔平の5試合ぶり16号本塁打に米記者感嘆!「打席で苦戦していたが」

タグ: , , , 2024/6/12

5試合ぶりの一発を放った大谷。チームも15ー2で大勝した(C)Getty images

 ドジャースの大谷翔平は6月11日(日本時間12日)、本拠地で行われたレンジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場。6回裏の第4打席、一死一塁の場面で5試合ぶりとなる16号2ラン本塁打を放った。

【動画】大谷翔平が16号アーチ!快音を残して右中間席へ一直線!





 大谷らしい、強烈な一発だった。7-1とリードした6回裏。3番手右腕のグラント・アンダーソンが投じた6球目の速球を振り抜くと、打球は右中間スタンドへ一直線。打球速度114.2マイル(約184キロ)、飛距離433フィート(約132メートル)を計測した一発に、本拠地のファンは大きな歓声を送った。

 大谷の本塁打について、米メディア『MLB.com』のサラ・ラングス記者は自身のXに「ショウヘイ 時速114.2マイル」と投稿し、「2019年に入ってから、114マイル以上のホームランを24本打った。同じ期間にそれ以上の記録を持っているのはジャンカルロ・スタントン(ヤンキース・29本)のみである」と伝えた。

 大谷は2021年と23年の6月に月間MVPを受賞している。しかし、今季の6月は試合前時点で34打数7安打、打率.206、1本塁打、3打点と苦戦していた。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧