1番・大谷翔平は「別格の存在だ」 21号先頭弾に米記者、アナリストも衝撃「史上最高のリードオフヒッター」

タグ: , , , 2024/6/21

豪快な一発で先制点をもたらした大谷。着実に調子を上げている(C)Getty Images

 日本人スターの勢いが止まらない。

 現地時間6月20日(日本時間21日)、ドジャースの大谷翔平は、敵地クアーズ・フィールドで行なわれたロッキーズとの4連戦ラストに「1番・指名打者」としてスタメン出場し、ナ・リーグ単独トップの21号ソロを放つなど、3打数1安打1打点、2四球と活躍。5-3のチーム勝利に貢献し、打率は.318、OPSは1.006に上昇している。

【動画】センターへ見事な放物線を描く!大谷翔平が21号本塁打を放つシーン





 豪快な一発が飛び出したのは、初回先頭の第1打席だ。ロッキーズの先発左腕タイ・ブラックと対峙すると、カウント2-1から4球目、真ん中に甘く入った89.1マイル(約143.4キロ)のシンカーを強振。これが打球速度101.5マイル(約163.3キロ)、飛距離427フィート(約130.2メートル)を計測する中堅への先頭打者アーチとなった。

 いきなり飛び出したスーパースターの確信弾には、SNS上からも反響の声が続々。なかでもドジャース専門メディア『Dodgers Digest』に寄稿しているブルース・クンツ記者は、球団公式が公開したホームラン映像を引用した上で、「リードオフマンとしてのショウヘイは、別格の存在だ」と称賛のコメントを寄せている。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧