「まったくばかげている」大谷翔平再びの偉人超え!2試合連続の22号、 6月長打率「.757」はルース&ゲーリッグ超え

タグ: , , , 2024/6/22

大谷は2試合連続アーチと好調を維持している(C)Getty Images

 ドジャース・大谷翔平の打撃に勢いがついてきた。

 大谷は現地時間6月21(日本時間22日)に本拠地で行われた古巣のエンゼルス戦に「1番・DH」として先発出場。

【動画】大谷翔平、衝撃の22号! 古巣エ軍相手にセンター後方への特大弾





 5回裏の第3打席、0-0で迎えた二死一塁の場面、3番手マット・ムーアのカウント1-1から甘く入った91.1マイル(約147キロ)の直球を捉えて、右中間スタンドに放り込んだ。2試合連続となる22号で本塁打争いでもマルセル・オズナ(ブレーブス)に2本差をつけた。

 飛距離455フィート(約138.7メートル)、打球速度113.1マイル(約182キロ)の豪快弾に球場も騒然となった。第1、第2打席は四球で打率もリーグトップとなった。

 注目すべきは「ミスタージューン」ぶりだ。従来から調子が上がってくる6月に入って、本塁打も直近5戦4発と完全に量産態勢に入っている。

 米メジャーデータサイト「コーディファイ・ベースボール」のXは大谷の6月の好調さについて投稿。500打席以上立った選手をランキング形式で紹介している。試合途中で大谷の月間の長打率は「.757」として、これは月間長打率でルー・ゲーリッグがかつて6月に記録した「.739」やベーブ・ルースがかつて7月に記録した「.713」、また6月に記録した「.710」を超えるとした。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧