大谷翔平、ささやかれる「1対6トレード」でのドジャース行き 米報道「エンゼルスファンに楽しい噂ではない」

タグ: , , , 2022/10/24

(C)Getty Images

 MLBのポストシーズンはリーグチャンピオンシップも決着し、残すはフィリーズとアストロズによるワールドシリーズのみとなった。

 今季の頂点を決める戦いへのファンの期待は膨らむ中、すでにシーズンを終えたチーム、選手にとっては来季へ向けた話題が中心となるオフを迎えている。その中で、ストーブリーグでも注目を集めるのはエンゼルスの大谷翔平だ。

【関連記事】「頭でっかちになってる」原巨人、有力OBが指摘した「最弱投手陣」の問題点とは






 大谷自身は日本に帰国しているものの、シーズン中から続くトレードトピックは米国内で過熱する一方だ。10月23日(日本時間24日)にはスポーツサイト『FAN NATION』のノア・カムラス氏による記事の中で、大谷のドジャースへのトレード移籍の噂を取り上げている。

 カムラス氏は「ポストシーズンが終わってもいないのに、ショウヘイ・オオタニが今オフにLAのライバル球団へトレードされるという噂がすでに飛び交っている」として、今オフの大谷のトレード移籍について言及している。

 その上で、米国内の他メディアの報道をもとに「エンゼルスがオオタニを同郷のライバルであるドジャースにこのオフシーズン、かなり高額なパッケージでトレードするだろうと予測されている」として、ドジャースとのトレード、さらには交換要員候補についても触れている。

 続けて「ダスティン・メイ、ディエゴ・カルタヤ、マイケル・ブッシュ、ギャビン・ストーン、アンディ・ページズ、ジェームス・アウトマン」と、ドジャースの6選手の名前を列挙。大谷とのトレードが「1対6」になるものと予想している。

 その一方で「だが現時点では、オオタニは自分の将来について決断を下す前に、今シーズンをプレーしたいと考えているようだ。エンゼルスが勝利のシーズンを送れば(来季以降も)彼に留まるように説得することができるだろう」と見解を述べている。

 記事の中では他にも「エンゼルスファンにとって、このオフシーズンの噂は楽しいものではなさそうだ」と、ファン心理を強調した。これまで、移籍先としていくつもの球団名が挙がってきており、まさにファンの立場では不安が募るばかり。果たして、同じ都市を本拠地とするチームへのトレードの噂は、どれだけ現実味を帯びているのだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】巨人・梶谷 「育成契約」の波紋 このまま「塩漬け」の可能性も

【関連記事】日ハム・近藤の流出が決定的と見られる「理由」 ささやかれる現場との「温度差」とは

【関連記事】【2022年ドラフト総括】クジ運「最弱」岡田監督、意外に低評価だった近江山田、大阪桐蔭で明暗

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧