大谷翔平が「腰に違和感」で途中交代…心配される怪我の状態は?マドン監督が言及「深刻ではないだろう」

タグ: , , 2022/5/27

投打ともに本調子ではなかった大谷。初回に腰に違和感を覚え「だましだまし投げていた」のだという。(C)Getty Images

 二刀流スターの腰の状態が心配だ。

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は現地時間5月26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたトロント・ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発出場したが、腰の違和感から8回に代打を送られて交代となった。

【動画】「三振はそこそこ取りましたが…」腰に違和感を覚えながらも10奪三振!地元放送局による大谷翔平のインタビューの様子

 この試合では投手として10奪三振を奪うも、6回93球、被安打6、1四球、5失点で負け投手に。打っては、2打数無安打1打点1四球と快音は聞かれず、チームも3−6で敗北した。

 大谷は試合後に地元放送局『Bally Sports West』のインタビューに応じ、「初回のスライダーを投げた時」に腰に違和感を覚えたと告白。さらに「三振はそこそこ取りましたが、だましだまし投げていた感じ」と、この日の投球を振り返った。

 違和感を覚えるなかで93球を投げた大谷の状態は心配されるが、これに対してエンゼルスのジョー・マドン監督は「8回の代打での交代は、腰に違和感があったからだ。深刻な怪我ではないだろうが、次戦以降についてはオオタニからの連絡を待つ」と述べており、大事には至っていないという。エンゼルス番記者のジェフ・フレッチャー氏も、「彼が試合から降りるほど深刻なことではなかった」と見解を出している。

 この日の大谷は、柳賢振との日韓対決や、昨季本塁打王のタイトルを争ったヴラジミール・ゲレーロJr.とのライバル対決が注目されていた。それだけに、本調子でなかったのは悔いが残るだろう。本人が「明日になってみないと、どうなのかなという感じ」と語った腰の状態が、早い段階で回復することを祈るばかりだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】矢野阪神 今季12度目の完封負け「謎采配」続出で急浮上する「解任動議」とは
【関連記事】なぜ安田? 疑問だらけのオールスターファン投票ノミネートはNPB自ら球宴の権威を損ねる行為
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧