1試合7本塁打でも敗戦のエンゼルス、2発の大谷翔平に現地紙もファンも同情「あのチームにいるなんて、もったいない」

タグ: , , , 2022/8/5

今季5度目の1試合2本塁打を放った大谷。しかしチームは投壊して7-8で敗れた。(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平が現地4日(日本時間5日)、本拠地でのアスレチックス戦に「2番・DH」で先発出場。今季5度目の1試合2ホーマーを放ち、チームも計7発の本塁打を放ったものの、まさかの7-8で黒星を喫した。

【動画】これぞ大谷翔平の真骨頂!左方向への鮮やかな23号本塁打をチェック!






 この日、エンゼルスが記録した1試合7本塁打は、球団新記録&メジャータイ記録。それでも勝利が遠いチームの惨状に、ファンはもちろん、現地メディアも嘆き節だ。

『Los Angeles Times』でエンゼルス番を務めるマイク・ディジョバンナ記者は「7本のホームランを打った試合で負けるのは難しい、ほとんど不可能だ」と唖然とし、MLB公式のTwitterには、「大谷は残念ながら毎試合チームを引っ張ることはできない。彼はトレードされる必要がある」「まだそこにいることがとても不憫に思える」「あのチーム(エンゼルス)にメガタレントがいるなんて、もったいない」といった大谷に同情するファンの声が殺到した。

 夏のトレード期間で大谷が残留した一方、エンゼルスはシンダーガード、イグレシアス、マーシュの主力3選手を放出し、現時点での戦力ダウンを受け入れた。現在ア・リーグ西地区4位に沈むチームは、勝率5割を大きく下回っていることからも、ポストシーズン進出は難しい。そんなエンゼルスで孤軍奮闘する大谷の姿に、ファンが「もったいない」と思うのも当然だろう。世紀の二刀流スーパースターが、その輝きに見合った場所で活躍する日は来るのか。世界が注目している。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【動画】圧巻のバッティングセンス!ボール球を見事にすくい上げた圧巻24号アーチはこちら
【関連記事】「厳しく言えば能力で抑えてるだけ」大谷翔平が104年ぶり偉業を逃した要因は?”日本一の投手コーチ”佐藤義則が徹底分析!「遊び球がないので幅がない」
【関連記事】エンゼルス・大谷 「笑顔なき本塁打」豪快2発も漂う悲壮感 チーム解体で「切ない本音」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧