楽天・西川の「懲罰交代」が真喜志代行の「ファインプレー」といわれる理由とは

タグ: , , , , 2022/8/5

 混戦を勝ち抜くためには・・・。楽天は3日のロッテ戦(楽天生命パーク)に10ー1と勝利。大勝の裏で首脳陣が選手を引き締める出来事があったと「日刊スポーツ」が報じている。

【関連記事】原巨人 異例の「配置転換」が物議 コーチ陣が戦々恐々となる「舞台裏」






 試合は3回に球団最多タイとなる1イニング3本塁打を放つなど、5発10得点の猛攻。3回は鈴木大、茂木、西川にホームランが飛び出すなど盛大な花火合戦となった。

 一方、序盤で圧勝ムードが漂う中、選手を引き締めたのは現在コロナ禍で離脱中の石井GM兼任監督に代わって、監督代行を務める真喜志康永ヘッドコーチ(62)だった。

 10点リードの5回1死無走者の場面。ロッテ・岡の打球は左中間へ飛んだが左翼を守る西川が、打球処理に手間取る間に三塁打となった。さらに続くエチェバリアの中犠飛で1点を失うと直後の5回無死一塁の打席で西川を代え、代打に武藤を送ったのだ。

 この交代に関して真喜志ヘッドコーチはこう話したという。

 「あのプレーで1点は取られましたけど、あれがなければ0点ですから。フェンスにぶつかってどこか痛いかもわからんけど、あんな追い方されると見てる方も気分悪くなるので変えました」とコメント。西川は4回の守備でフェンスにぶつかっていたが、試合に出ている以上は全力プレーが求められる。

 チームは現在2位ながら、史上最大の「混パ」ともいわれるほど、首位から5位までひしめいている。ワンプレーが勝敗を分けることもあるだけに、厳しく姿勢を示す必要があった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧