「MVPレースに最終弁論」史上初30HR&10勝の大谷翔平にLA紙が太鼓判!「最も価値ある選手と宣言した」

タグ: , , , 2022/9/1

(C)Getty Images

 ライバルの目前で放った30号アーチは、大きな価値を持っているようだ。

 エンゼルスの大谷翔平は現地8月31日(日本時間9月1日)、本拠地でのヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席に決勝打となる逆転3ランを放ち、チームを3-2の勝利に導いた。

【動画】「MVPレースに最終弁論」と地元紙が太鼓判!ジャッジの目前で放った、大谷翔平の豪快30号アーチの映像はこちら






 昨季最多勝のコールを打ち砕いた決勝3ランは、MVPレースでも優位に立つ一発だった。大谷とア・リーグMVPを争うヤンキースのジャッジは、この日まで51本を放ち、本塁打ランキング1位を独走。ア・リーグ新記録となる63本ペースでアーチを量産する大砲を、今季のMVPに推す声は多い。

 しかし、この日に大谷が達成した1シーズンでの「10勝&30本塁打」は、MLB史上初だ。これを受けて、地元紙『Los Angeles Times』は「ショウヘイ・オオタニは、30号本塁打でMVPレースの最終弁論を力強く締めくくった」と題したレポートを掲載し、同記事のなかで6回の逆転3ランをピックアップ。「オオタニは自ら『最も価値ある選手』と宣言した」とMVPレースでの優位性を指摘した。

 大谷は現時点で「502」の規定打席をクリアし、規定投球回数の「162」まで残り「34」イニングと迫っている。現実的に視野に入った”投打規程Wクリア”を達成すれば、これもまたMLB史上初である。

 シーズンも終盤に入り、熱を帯びてきたMVPレースを制すのは、やはり日本の至宝なのか。残り試合から目が離せない。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「スバラシイ、スゴイ!」大谷翔平、MLB史上初の「10勝&30HR」達成にレジェンドOBもご満悦!
【関連記事】「正気じゃない!」大谷翔平、ゴジラ超えの2年連続30号を米記者が激賞!「彼の防御率は2.67だ」
【関連記事】原巨人 最下位現実味で「発掘と育成」のチームスローガンは今年限り? ささやかれるフロントとの「不協和音」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧