大谷翔平、右手1本で運んだ34号に被弾投手も「マジかよ」の表情!米データ会社も唖然「エイリアン」「正気じゃない」

タグ: , , , 2022/9/12

(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平が現地9月11日(日本時間12日)、敵地でのアストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。チームが4ー12と大敗を喫する中、大谷は3試合ぶりの34号2ランを放つなど4打数2安打1本塁打(1四球)を記録した。

【動画】相手投手も「マジかよ」の表情!大谷翔平が右手1本で放った「最新34号2ラン」の映像をチェック!






 ハイライトは、いきなり訪れた。初回、無死三塁のチャンスで第1打席を迎えた大谷は、相手先発ルイス・ガルシアが投じた外角低めの緩いカーブに反応。体勢を崩されながらも右手一本ですくい上げ、ライトスタンドまで運んだのだ。被弾したガルシアも、大谷のバッティングにあっけに取られたようで、「マジかよ」といった表情で肩を落とした。

 また、この”片手弾”を米野球専門データ会社『Codify』は、「エイリアン」と表現。「いつも見張っていたほうがいい。時としてエイリアンは、うっかり人間離れしたことをする。その時、知ることになる。我々が『ショウヘイ・オオタニ』と呼ぶ生命体は我を忘れ、片手で388フィート(約118.3メートル)のホームランを打ってしまった」とユーモアを交えて伝えると、さらに「ショウヘイ・オオタニは、ここ2シーズンで本塁打80本!そして344回の奪三振。正気じゃない」と投打に活躍する二刀流を絶賛した。

 ヤンキースのアーロン・ジャッジとの熾烈なア・リーグMVP争いを繰り広げる大谷。レギュラーシーズンは残り1か月と終わりが見えてきたが、まだまだこの男の燃料は切れていないようだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「POに進むのはオオタニではなくジャッジだ」ア・リーグMVP論争に米メディアが見解!今季の大谷翔平は「奇跡を起こしている」が…
【関連記事】巨人・坂本 キャプテン「はく奪」も 待ち受ける「いばらの道」
【関連記事】「馬鹿げたシンカーだ」最速162.6キロの新魔球に米投球分析家も感嘆!あと「21イニング」で史上初の投打規定Wクリアに

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧