「馬鹿げたシンカーだ」最速162.6キロの新魔球に米投球分析家も感嘆!あと「21イニング」で史上初の投打規定Wクリアに

タグ: , , , 2022/9/11

(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平は9月10日(日本時間11日)、敵地でのアストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。右手中指のマメの影響で降板したものの、5回を7奪三振1失点に抑え、自己最多となる12勝目を挙げた。

【動画】「馬鹿げている」大谷翔平の99マイルのシンカー!驚異のキレにアルトゥーべも苦笑いした実際の場面はこちら






 この日の大谷は、ボールスピードが”異常”だった。直球はメジャー自己最速の101.4マイル(約163.2キロ)、そしてシンカーは最速101マイル(約162.6キロ)を記録したのだ。MLB公式サイトは「ショウヘイ・オオタニは登板するごとに新しいレベルに到達している。土曜のアストロズ戦では自己最速の球を投じた」と報じ、メジャー最速101.4マイルを記録した1球についても、「2008年以降エンゼルスの投手が記録した最速の奪三振投球となった」と伝えた。

 そして、大谷のシンカーを「馬鹿げた」と表現したのが、「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏だ。自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニ、馬鹿げた99マイルのシンカー」と動画付きで綴り、大谷の新たな武器の威力に感嘆した。

 6回の投球練習中に緊急降板したため、ここまでの投球回数は141回となった大谷。シーズン規定投球回(162)まで、あと21回に迫った。史上初の「投打規定Wクリア」を目前に捉えた、二刀流の次戦以降の活躍にも期待だ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【動画】大谷翔平が自己最速の163.2キロを計測!球団史上最高速の三振となったシーンをチェック
【関連記事】巨人・坂本 スキャンダル噴出で「トレード要員」か ささやかれる「致命的な問題」とは
【関連記事】矢野阪神 これが集大成か 「消化試合」まっしぐらの理由とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧