「ベーブ・ルースの再来」と指摘される大谷翔平 伝説のルースでも投打二刀流を続けられたのは実質〇シーズン?!

タグ: , , , 2021/4/30

 エンゼルス・大谷翔平の投打二刀流が完全復活の気配だ。4月26日のレンジャーズ戦には2番・投手で先発出場。俗に言われるリアル二刀流出場で、投げては5イニングを3安打4失点で9奪三振。打っては2安打2打点で3得点と投打にわたって活躍し、18年以来3年ぶりの勝利投手となった。

・今すぐ読みたい→
大谷2年9億円で合意!ゴネて当然のメジャーと「ゴネ損」にしかならないプロ野球 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-agreement/



 この試合、日米メディアでは「100年ぶり」という数字が注目された。試合開始時点で、大谷は7本塁打しており、両リーグトップタイに立っていた。本塁打ランキングトップの選手が、投手として先発するのは、1921年6月13日のベーブ・ルース以来、100年ぶりという偉業だった。

 メジャー挑戦以降、他に類を見ない投打二刀流という大谷について、多くのメディアが「ルースの再来」と指摘してきた。その謳い文句がいよいよ現実になったというわけだ。

 もっとも投打二刀流の元祖であるルースにしても、過酷な兼業生活を長く続けられたわけではない。

 前回の記録として注目された1921年6月13日の試合。実はルースはこのシーズン、野手として152試合に出場し、59本塁打、168打点というすさまじい数字を残しているのだが、投手としての登板は2試合だけ。先発に限ればこの試合の1試合だけだった。





 1920年にヤンキースへトレードで放出されてからは、ほぼ野手に専念。1922年以降は1930年まで一度も投げることはなかった。

 逆に1918年までのレッドソックス在籍時は、むしろ投手に力を注いでいた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧