「オオタニのホームランを奪った!」大谷翔平の大飛球をジャッジがスーパーキャッチ!“HR強奪”の美技に現地解説「信じられないプレー」

タグ: , , 2022/6/1

大谷の第1打席はセンターフライ。あと1歩でホームランという打球を、ジャッジがスーパーキャッチで阻止した。(C)Getty Images

 現地時間5月31日(日本時間6月1日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、敵地ヤンキースタジアムでのニューヨーク・ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席は、本塁打にあと一歩まで迫るセンターフライに終わっている。

【動画】「オオタニのホームランを奪った!」大谷翔平の大飛球をジャッジが阻止!現地解説も興奮したスーパーキャッチをチェック

 大谷の所属するエンゼルスは、ここまで5連敗中と低迷中。何としてでも勝ち星が欲しいチームは、ア・リーグ1位を独走中のヤンキースと3連戦を迎えた。

 野球の神様と言われた“元祖二刀流”ベーブ・ルースも活躍したヤンキースタジアムは、昨シーズンに2試合連発の計3本の本塁打を放つなど、大谷にとって相性が良い球場だ。

 そんな聖地で大谷は第1打席、真ん中高めに来た4球目の直球を振りぬくと、打球は高い弾道でセンター方向にぐんぐん伸びていった。しかし、そこにヤンキースのセンターを守る本塁打ランキングトップを走るアーロン・ジャッジが現れ、ジャンプ一番。フェンスを際まで伸びた大谷の大飛球は、飛び上がったジャッジのグラブに収まった。このファインプレーがなければホームランになろうかという打球だっただけに、2試合連続となる本塁打を期待していたエンゼルス・ファンからはため息が漏れ、エンゼルスの地元放送局『Bally Sports West』で解説を務めるマーク・グビザ氏も「信じられないプレー」と肩を落とした。

 ヤンキースの大スター・ジャッジのファインプレーによって阻止された、この大飛球には現地メディアも反応している。『FOX SPORTS:MLB』の公式ツイッターが「ショウ ストッパー」とジャッジのプレーを紹介すれば、『FOX SPORTS』アナリストで大谷マニアのベン・バーランダー氏も「アーロン・ジャッジがショウヘイ・オオタニのホームランを奪った」と怒りの絵文字とともに悔しさを表している。

リアル二刀流で世界を沸かせる大谷と、ホームランキングのジャッジの戦いに注目の集まるビッグマッチで、初回からふたりの天才が最高のパフォーマンスを見せている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】巨人はビッグボスより弱かった 日本ハム3連戦で露呈した「V奪回黄信号」の理由
【関連記事】巨人・吉川 調子急降下でささやかれる「あの要因」とは
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧