“MLBレジェンド”の記録を抜いた大谷翔平を米老舗誌も大絶賛!「スポーツ史上最高の選手になるかもしれない」

タグ: , , , 2023/4/13

打者としても投手としてもトップレベルの活躍を見せる大谷が「その伝説をさらに確固たるものにしている」と称えられた。(C)Getty Images

 “魔球”スイーパーで圧巻の投球を見せた。

 現地4月11日(日本時間12日)、エンゼルスの大谷翔平は本拠地で行われたナショナルズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6四死球と制球に苦しむ場面もあったが、7回92球を投げ、無失点、1安打、6奪三振で圧倒的な投球を披露。今季2勝目の白星を挙げた。

【関連記事】WBC組の「離脱ドミノ」止まらず ヤクルト・山田哲人もアクシデント 12球団が戦々恐々の舞台裏





 この日も、大谷の“スイーパー”でナショナルズ打線を手玉に取った。ピンチを招く場面もあったが、最大の曲がり幅は51センチに達する魔球で相手打者から三振を奪い、ピンチを切り抜けた。

 圧巻のピッチングを見せた大谷はこれで今季2勝目を記録。防御率は0・47と驚異の数字を残している。打者としても打率.300、3本塁打、8打点と開幕から二刀流で大活躍を見せている。

 この試合で快投を見せた大谷は、ある大投手の記録を抜いた。エンゼルスの公式PRツイッターは「今夜はショウヘイ・オオタニの10回連続登板で2失点以下の新記録となった。ノーラン・ライアンは1972年から73年のシーズンをまたいで9試合連続だった」と投稿し、大谷がMLBレジェンド投手、ノーラン・ライアンが1972~73年にかけてマークした9試合連続の球団記録を抜いたことを伝えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧