大谷翔平、メジャー史上初の「投打規定Wクリア」まで残り1イニング!右腕に死球受けるも「問題はなかった」と指揮官も安堵

タグ: , , , 2022/10/5

(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平は現地10月4日(日本時間5日)、敵地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場。4打数無安打に終わり、9月14日(同15日)のガーディアンズ戦から続いていた連続試合安打が「18」でストップした。チームは延長10回サヨナラ負けを喫している。

 ヒヤリとさせたのは、3回の第2打席だ。相手左腕コール・アービンが投じた84・4マイル(約135.8キロ)のチェンジアップが、大谷の右腕上部に当たったのだ。

【動画】右腕直撃で現場もヒヤリ!大谷翔平が思わず「ウオッ!」と声をあげた死球シーンの映像はこちら






 この死球の場面には現場も騒然としたようで、『MLB.com』のレット・ボリンジャー記者が「オオタニは投球を右腕に受けたが、そのまま試合出場。明日は先発予定」と伝えれば、米メディア『The Athletic』のサム・ブラム記者も「オオタニが打球を受け、トレーナーの手当てを受けている。しかし、彼は元気で、試合には引き続き出場」と報じている。

 死球を受けた大谷は表情を歪めてしゃがみ込んだが、しばらくして立ち上がると一塁へ向かい、ベース上では笑顔も見せた。フィル・ネビン監督代行によれば、「状態を診てもらったが問題はなかった」ようで、明日の今季最終戦には予定通りに先発するようだ。

 大谷は今季ここまで、打者として打率.273、34本塁打、95打点と目覚ましい数字を残し、規定打席の「502打席」もクリア。投手としても15勝8敗、防御率2.35、奪三振率11.91を記録し、規定投球回の「162回」まで残り1イニングと迫っている。明日の試合で1イニング以上を投げれば、”投打規定Wクリア”というメジャー史上初の快挙だ。世界が注目する二刀流は、どんなパフォーマンスで今季を締めくくるのか。歴史に名を刻む瞬間は、もうそこまで迫っている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】原巨人 V奪回厳命で入閣がささやかれる「大物OBの名前」

【関連記事】日ハム・近藤 流出濃厚な「理由」と「狙う球団」

【関連記事】ロッテの井口資仁監督がシーズン最終戦終了直後に辞任を電撃表明 「怪物」佐々木朗希の育成手法を評価する声も

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧