「解雇通知をくれてやれ!」大谷翔平への疑惑の判定に地元メディアも大ブーイング!「審判たちは大谷を嫌っている」【2022上半期ヒット】

タグ: , , 2022/6/24

この日の大谷は4打数無安打。試合は1番ウォードが2本の本塁打を放ち、3-0でエンゼルスが勝利した。(C)Getty Images

 2022年上半期にスポーツ界で起こった印象的な出来事を『CoCoKARAnext』のヒット記事で振り返るこの企画。今回は大谷翔平を襲った“疑惑”の判定を取り上げる。大谷本人も不満の表情を浮かべたジャッジには、ファンだけでなく、地元メディアも首を傾げていた。記事初掲載:2022年4月26日

 大谷翔平への判定が物議をかもしている。

 現地時間4月25日、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷は、ホームで行われたクリーブランド・ガーディアンズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。開幕からここまでは1番を任されてきた大谷だが、今季初となる2番での起用となった。

【動画】これがスイング!?「解雇通知をくれてやれ」と地元メディアも激怒した大谷翔平の第1打席をチェック

 対戦相手のガーディアンズに対しては、昨年の対戦成績が良い大谷だが、今季のホーム戦ではいまだホームランだけでなく、打点すら挙げられていない状態だ。

 そんな中、何かを変えようという考えか、前日の試合ではストッキングを見せる「オールドスタイル」に変えたり、この日は心機一転、散髪してさっぱりとした姿でゲームに臨んだ。

 ガーディアンズの先発投手はメジャーを代表する投手のひとりで、ナックルカーブを得意球とするシェーン・ビーバー。ビーバーはエンゼルスに過去3戦3勝と相性が良い。大谷にはこの好投手を打ち崩すことが期待されたが、第1、第2打席ともに三振に取られるなど完璧に抑え込まれた。





 大谷はこの試合でも徹底した外角攻めを受け、ボールだと判断した球がストライク判定を受ける場面が目立った。第1打席には、カウント3-1から自信をもって見逃した外角のストレートがストライク判定。さらにフルカウントから、決め球のナックルカーブにバットが出かけたものの、しっかりと止めて四球に思われた。しかし、三塁塁審は「スイング」の判定。これには、自信をもって一塁へ歩きだしていた大谷も不満の表情を浮かべ、球場のエンゼルスファンからはブーイングが巻き起こった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧