大谷翔平が驚異の100号到達ペースで感じさせた可能性、歴代本塁打王を凌駕するスピード

タグ: , , 2022/5/16

(C)Getty Images


 エンゼルス・大谷翔平がついにメジャー通算100号本塁打を放った。14日(日本時間15日)のアスレチックスとのダブルヘッダー第2試合、左中間へ今季7号となる2ランを運んだ。

【動画】打った瞬間に柵越えを確信!大谷翔平が放った通算101号ホームランをチェック!

 日本人大リーガーの100号大台到達は3人目。ただし、そのペースを比較すると大谷の驚異的なスピードが浮き上がる。マリナーズなどで活躍したイチローは12年目に1851試合、8510打席で到達。アベレージヒッターであるイチローとの比較はあまり適当ではないが、同じく長距離砲だった松井秀喜とも差が如実に出た。松井は5年目、636試合、2710打席で100号。対する大谷は年数こそ同じ5年目ながら、444試合、1757打席での到達と、日本人最速記録を大きく更新した。

 イチローはメジャーでは最終的に117本塁打。松井は175本塁打を放った。もっとも大谷がこの数字を超えていくことは、時間の問題にすぎないのは誰の目にも明らかだろう。

 そして、本場・米国の本塁打王たちと比較しても、全く遜色のないスピード到達であることに驚きはさらに増す。





 通算本塁打数で見ると、メジャー歴代最多はバリー・ボンズの762本塁打。次いでハンク・アーロンの755本塁打、ベーブ・ルースの714本塁打、アレックス・ロドリゲスの696本塁打と続く。この上位4人のスラッガーと比較しても、大谷の到達ペースの方が速かったのだ。

 100号までボンズは640試合、アーロンは538試合、ルースは529試合、A・ロッドは470試合を要した。前述したように大谷の444試合はこれを大きく上回るスピード到達。歴代5位の681本塁打している元同僚のアルバート・プホルスの415試合には、わずかに及ばなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧