大谷翔平、相手のファインプレーで30号本塁打が幻に。現地ファンからため息「ジャンプしないでくれよ」

タグ: , , , 2022/9/1

(C)Getty Images

 現地8月31日(日本時間9月1日)、エンゼルスの大谷翔平は本拠地エンゼル・スタジアムでのヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。初回に迎えた第1打席で本塁打かという大きなセンターフライを放ったが、相手のファインプレーに阻まれた。

【動画】相手のファインプレーで阻止された大谷翔平の”幻の30号本塁打”をチェック






 この日のヤンキースの先発は、今季すでに200奪三振を記録しているエースのゲリット・コール。ここまでの大谷の通算対戦成績は17打数3安打と、コールに軍配が上がっている。

 しかし、ヤンキースとの3連戦の初戦で29号本塁打を放つなど打撃が好調な大谷。第1打席は、初球に投じられたコールの得意球であるナックルカーブを完璧に捉えると、センターへの大飛球に。だが、見送れば本塁打になりそうなこの打球をセンターのヒックスがジャンピングキャッチし、大谷の30号本塁打を阻止した。このファインプレーに、本塁打を期待したエンゼルスファンからは大きなため息が漏れた。

 初回から飛び出したこのビッグプレーには、現地メディアもすぐさま反応。MLB公式の番記者を務めるレット・ボリンジャー氏は「ショウヘイ・オオタニがコールから2ランを放ちかけるも、ヒックスのフェンス際でのファインプレーで、わずかに届かず」と伝えれば、現地ファンからは、「ジャンプしないでくれよ」「ヤンキースタジアムなら簡単にホームランだっただろうな」などの大谷の本塁打を阻止されたことを嘆くツイートも見られた。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】日ハム・清宮 だから「一軍未満」といわれてしまう 有力OBからも指摘された「ボーンヘッド」とは
【関連記事】原巨人 最下位現実味で「発掘と育成」のチームスローガンは今年限り? ささやかれるフロントとの「不協和音」とは
【関連記事】ヤクルト・村上にあって巨人・岡本和に「欠けているもの」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧