全米が注目する大谷の右股関節の状態、聖地で投げれば投打二刀流の歴史上でもエポックメーキングな舞台に

タグ: , , 2022/5/5

(C)Getty Images


 果たして状態はどうなのか。エンゼルス・大谷翔平投手の右脚に日米野球ファンの注目が注がれている。

 大谷は1日のホワイトソックス戦の7回、投ゴロ併殺に倒れた際に一塁へ全力疾走できなかった。次の打席では代打を送られて退いた。併殺の際、途中からスピードを緩めて流したのは明らか。大谷の全力のスピードなら併殺を逃れていた可能性が高く、常に全力疾走を怠らないプレースタイルからも異常は明らかだった。

【関連動画】大谷翔平と澤村拓一の勝負は後者に軍配!「しびれた」「素晴らしい勝負」とファンが熱狂した日本人対決をチェック!

 続く2日のホワイトソックス戦はベンチスタート。試合前には球団トレーナーが「明らかに張りはあった。もう1日様子をみたい」と説明した。8回には代打出場して二ゴロ。やはり打った後に全力疾走ができず、ベンチではヘルメットをたたきつけて珍しく怒りを露わにしたほどだった。

 3日には次なる遠征地ボストンへ移動した。迎えたレッドソックス戦では2試合ぶりにフル出場。練習中から笑顔がこぼれ、試合ではセンター前への安打も放った。負傷後の経過を見守ってきたジョー・マドン監督は、このまま順調にいくのであれば5日(日本時間6日)のレッドソックス戦で先発させる方針を明らかにした。負傷前に当初予定していた4日からは1日繰り下げ。「あくまで状態に問題がなければ」と前提を強調していたが、そのままマウンドに立てばフェンウェイ・パークではメジャー5年目にして初登板。かつてベーブ・ルースが元祖投打二刀流として名を馳せたメジャー最古の球場で、いよいよ大谷がリアル二刀流として名を刻むことになる。





 これにはお膝元である地元ボストンのメディアも興味津々。「大谷はフェンウェイで投げるのか?」と相手チームにも関わらず、連日故障を抱えた大谷の状態を追っている。

 ルースといえばヤンキースのホームラン王というイメージが強いが、最近は大谷の登場によって「100年以上も前に存在していた元祖投打二刀流」というキャラクターが強くなった。そのルースが投打二刀流でプレーしていたのは、実はレッドソックス時代だけ。1920年のヤンキース移籍後は打者専念で通算714本塁打という金字塔を築き上げ、移籍後の16シーズンで登板したのはわずか5試合(5勝、防御率5・52)に過ぎない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧