大谷、二桁勝利&本塁打王獲得ならずも史上初「Quintuple100」の偉業達成!「自分ではまだまだ上にいける」

タグ: , , 2021/10/4

 メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(27)が日本時間4日、今季最終戦となる敵地でのマリナーズ戦に1番・DHで先発出場。第1打席でシーズン46号のソロホームランを放つと共に、日本人選手では松井秀喜氏以来となる今季100打点目をマーク。「有終の美」でメジャー4年目のシーズンを締めくくった。

【動画】最終戦を46号ホームランで締めた大谷
・今すぐ読みたい→
大谷 最終戦をホームラン締め!「すごく楽しいシーズンだった」 殿堂入り確実の声も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/mvp-candidate/



 
 今季は投手として23試合に登板し、9勝2敗、防御率3.18。打者としては155試合に出場し、打率.257、46本塁打100打点、26盗塁をマークし、メジャー4年目にして初めて二刀流としてシーズンを駆け抜けた大谷。

期待されていた投手としての二桁勝利、そしてホームラン王獲得にはあと一歩届かなかったものの、メジャーリーグ史上初となる「Quintuple100」(100打点、100安打、100得点、100投球回、100奪三振)という偉業を達成してみせた。

メジャーリーグに移籍後は毎年怪我に苦しみ、思うような成績を残せなかったものの、「二刀流復活」を懸けて臨んだ今季は、投打共に様々な場面で見る者を魅了してきた。

改めて今季を振り返り大谷は

「期待通りだったかどうかはファンの人だったり、監督、コーチが決めること。1年間まずは大きな怪我なく出続けることができて良かったですし、もっと早い段階でこういう形を作らないといけなかった。これまでは怪我とかもありましたし、そういう意味では今年1年、怪我なく終わることができて良かったと思う」

と、コメント。





その言葉通り、今季は162試合中わずか4試合の休養にとどまりほぼフル回転で試合に出場しながらも、大きな怪我なくシーズンを終えた。これについて大谷は、

「もちろん手術をして、リハビリも色々な人に助けてもらいやれたというのは大きかった。環境は変化する中で1年目から怪我をするのは左右できないことではありますけど。今年は特に大きな離脱をしないように、リカバリーの方をメインにシーズンを通してやってきたかなという印象」

と、振り返った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧