大谷 最終戦をホームラン締め!「すごく楽しいシーズンだった」 殿堂入り確実の声も

タグ: , , 2021/10/4

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地でのマリナーズ戦に「1番・DH」で出場。初回の第1打席で11試合ぶりとなる46号先制ソロを放った。これで今季100打点として、日本人選手では2007年のヤンキース松井秀喜以来の大台に到達。

 本格的に二刀流として挑戦したシーズンを投手としては9勝2敗、防御率3・18、打者としては2割5分7厘、46本塁打、100打点、26盗塁をマーク。注目を集めた本塁打王争いではゲレーロJr.(ブルージェイズ)、ペレス(ロイヤルズ)の48本に2本届かなかったが、最終戦でホームランと有終の美を飾った。

【動画】最終戦を46号ホームランで締めた大谷
・今すぐ読みたい→
大谷、二桁勝利&本塁打王獲得ならずも史上初「Quintuple100」の偉業達成!「自分ではまだまだ上にいける」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-quintuple100/



 
 初回先頭の第1打席、相手左腕アンダーソンの甘く入ったカットボールを捉えた打球は弾丸ライナーで右中間席へ飛び込んだ。11試合ぶりとなる1発をマークした大谷はゆっくりとダイヤモンドを1周。ベンチでは笑顔で同僚たちの祝福に応えた。45号をマークしてからは前日までの10試合で5敬遠を含む17四球と、「四球攻め」に苦しんだが、この日は原点回帰で数少ないチャンスをモノにした。

 メジャー4年目の今季は二刀流を本格始動、充実のシーズンとなった。シーズンで休養を取ったのは162試合中、4試合のみ。打者として155試合、投手としては23試合、投打同時出場は20試合。球宴ではホームランダービー、投打同時出場とまさに全力で駆け抜けたシーズンとなった。





 大谷はシーズンを振り返り、「より多く試合に出られたというのは単純に楽しかったですし、それだけ試合に貢献できる頻度が高いということは選手としてもやりがいがあると思うので、すごい楽しい1年だったかなと思います」と充実の表情を浮かべた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧