「高卒プロで見たかった」斎藤佑樹・・・野球人生のピークは誰にもわからない

タグ: , , 2021/10/2

 「高卒でプロ入りしていたら」

 勝負の世界で「たられば」は禁物だが、現役引退を発表した日本ハム斎藤佑樹投手(33)に対してSNSで多くの書き込みがあった。「甲子園の輝きを高卒プロで見てみたかった」というファンの思いは同じだろう。

・今すぐ読みたい→
日本ハム・斎藤佑樹引退!「ハンカチ王子」貫き通した矜持とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukisaito-retirement/



 
 斎藤は早実3年の06年夏にエースとして全国制覇。甲子園決勝で駒大苫小牧の田中将大(現楽天)と投げ合った延長再試合は、高校野球史に残る名勝負となった。それからというもの、投げ合った田中と比較されることが多くなった。

 高卒ドラフト1位で楽天入りした田中は、メジャーでも活躍して日米通算181勝85敗。球界を代表するエースに成長した。早大進学を選んだ斎藤は、田中の4年後にドラフト1位で日本ハム入りしたが、15勝26敗の成績で11年間の現役生活を終えた。

 プロで結果を残せず「大学に進学して後悔はないか」「高卒でプロ入りしていたらもっと活躍できたのではないか」と耳にタコができるほど質問されたという。それでも斎藤のコメントは一貫していた。





 「甲子園ではたまたま結果が出ましたけど、すぐにプロで通用する選手とは思っていなかった。あの時、ずっと自信がなかったので、高校からプロに行くことをあまり考えてなかった。早大野球部で仲間と出会えたことは人生でも大きな財産。後悔してないです」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧