“疑惑”のストライク判定に大谷翔平も不満顔。敵ファン同情「あれは低すぎる」

タグ: , , 2022/6/1

大見逃し三振に倒れた大谷は、不満そうに首を横に振った。(C)Getty Images

 現地時間5月31日(日本時間6月1日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、敵地ヤンキースタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席は、センターフライ、第2打席は見逃し三振、第3打席はライトへの二塁打、第4打席はセンターフライと、4打数1安打に終わった。試合は1-9でエンゼルスが敗れている。

【動画】「あれは低すぎる」ヤンキースファンも同情した大谷翔平へのストライク判定の映像

 第1打席は、真ん中高めに来た4球目の直球をジャストミート。高く上がった打球は、センターへの本塁打かと思われたが、ヤンキースのアーロン・ジャッジがフェンスを越えそうな打球をジャンピングキャッチ。大谷の2試合連続本塁打は、本塁打王争いのライバルに阻止された。

 第2打席は、2ストライクに追い込まれると、低めの変化球を見逃して見逃し三振に倒れた。その1球も大谷には低く映ったようで、ミットに届く前に顔を上げ、ボールを確信した様子。しかし、審判からストライクコールを受け、納得のいかないような表情で立ち尽くすと、首を振りながらベンチへ戻った。

 今シーズンの大谷には、こうしたシチュエーションがよく見られる。米ポッドキャストメディア『Jomboy Media』の番組『Talkin’ Yanks』公式ツイッターがこの動画をツイートすると、敵ファンからも「ヤンキースファンだけど、ストライクには見えないな」「トレビノのフレーミングは良かったけど、あれは低すぎる」と、ヤンキースの捕手トレビノのフレーミングを褒めつつも、このストライク判定には疑念の声が上がった。

 その後の第3打席では、外角のスライダーを引っ張り、打球はライト線へのツーベースヒットに。第4打席では、一死二、三塁のチャンスの場面で大谷に打席が回ってくるも、浅いセンターフライに倒れた。

 この日の大谷は4打数1安打に終わり、期待された2試合連続の本塁打は生まれなかった。それでも二塁打やセンターへの大飛球など、調子の良さをうかがわせるようなパフォーマンスを見せている。元祖二刀流の“野球の神様”ことベーブ・ルースが活躍した聖地・ヤンキースタジアムで明日、明後日と続くこのシリーズは、まだまだ盛り上がりそうだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】巨人・岡本和 打撃不振以外にも「気になる兆候」心配される「あの悪癖」とは
【関連記事】矢野阪神 自力V消滅で「身内」からも采配批判止まらず フロントの「無策」ぶりも話題に
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧