「野球人生が終わってしまう」巨人・井納 背信投球で突きつけられる「厳しい現実」とは

タグ: , , 2022/6/23

 この先は・・・。巨人は22日のDeNA戦(東京ドーム)に5ー4で勝利。ウォーカーの2試合連続弾、吉川、岡本和にも一発が飛び出すなど打線の力でシーソーゲームを制した。一方、注目を集めたのは2番手で登板した井納翔一投手の投球(36)だった。

【関連記事】日ハム・清宮 いよいよ「デッドライン」か 指揮官をあきれさせた「根本的な問題」とは






 先発のメルセデスは初回先頭からの3連続安打で1点を失うと3回までに毎回点を奪われる不安定な内容。5回先頭の大田に四球を出した時点で井納にスイッチとなった。 4ー3と1点をリードし、もう1点も与えたくない場面。しかしここから井納の『迷走』が始まる。1番・蝦名に対してまったくストライクが入らない。0ー2からの3球目を大きく外し、暴投。二進を許すと続く4球目もボールとし、ストレートの四球を与えるとたまらず原監督がベンチから飛び出した。打者1人での交代には、東京ドームの観客からもどよめきが起きた。

 井納のこの「背信投球」には厳しい目も向けられた。22日に放送されたニッポン放送「ショウアップナイター」でゲスト解説を務めた野球評論家の谷繁元信氏は原監督の決断に関して「今の4球投げた姿を見て、これはもう無理だと判断したんだと思います」とコメント。

 井納は2020年オフに梶谷と共に2年2億円(年俸は推定)でFA移籍を果たすも、昨年は5試合に投げ、0勝1敗、防御率・14・40とまったく戦力にならなかった。迎えた今年、現在は救援陣がピンチを迎えているとあって、経験豊富なベテラン右腕が力を発揮してくれることを首脳陣も願っていたが、この日の投球内容では、立場は苦しくなる一方だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧