巨人・中田 再生ポイントは? カギを握る「あのルーティン」とは

タグ: , , 2021/12/9

 復活を果たせるか。巨人の中田翔内野手(32)が7日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、減額制限(40%)超えとなる56%ダウンの年俸1億5000万円でサインした。

・今すぐ読みたい→
ノンテンダー・大田 争奪戦開始!気になる「あの球団」の反応は・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taishiohta-return-02/



 今季は激動の1年となった。開幕直後には打撃不振に悩み、バットをベンチで叩きつけ、目をはらす騒動を起こした。さらに8月には同僚に対し暴行問題を起こし、無償トレードで巨人入り。移籍後はデビュー2戦目で特大2ランを放つも、その後は尻つぼみ。2度の出場選手登録抹消と苦しみ、巨人移籍後は出場34試合で打率1割5分4厘、3本塁打、7打点と自身の苦境を救ったチームの力になれずに終わった。

 会見に臨んだ中田は来期に向け「いい意味でもっと荒々しく。スイング一つにしても萎縮している自分がいた。全てを解放して、また一から頑張りたい」と言葉に力を込めた。昨年は自身3度目のパ・リーグ打点王に輝き、キャリアハイとなる31本塁打を記録している。勝負強い打撃には定評があり、本人としてもこのままでは終われない気持ちも当然あるだろう。

 そんな波乱の1年を過ごした中田再生のポイントとして一つ周囲から指摘されているのが「マン振り」だ。





 「中田といえば、代名詞ともいえるのが、あの力強いスイング。特にネクストバッターズサークルであれだけマン振りされるとさすがに投手も目に入り、厳しい攻めをしにくくなる。今季は不祥事の影響もあってか、本人も会見で話したように萎縮している部分があり、力ないスイングが目立った。来期こそ、あの力強いスイングが見たい」(球界関係者)と渾身のフルスイング復活を求める声だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧