カブス今永ぼう然 メジャーワーストの3被弾 4回持たず10失点 防御率1.89→2.96に急降下

タグ: , , , 2024/6/22

今永がメジャーワーストの3被弾となった(C)Getty Images

 カブス・今永昇太が現地6月21日(日本時間22日)、本拠地で行われたメッツ戦に先発。今季初の3被弾含む11安打を浴び3回3分の0を10失点と、いずれもメジャー後、ワーストとなる数字で降板した。防御率は1.89から2.96まで一気に悪化した。

【動画】今永メジャーワースト、痛恨の3本目となる本塁打を許し、思わず首をふる





 立ち上がりをメッツ打線につかまった。

 直球が高めに浮き、制球に苦しむ中で初回、先頭のフランシスコ・リンドアに二塁打を許し、続くブランドン・ニモには四球で無死一、二塁のピンチを迎える。

 そして続く3番・J.D.マルティネスにカウント2-1から直球を狙われ、バックスクリーンへ運ばれた。痛恨の先制3ランを浴びた。

 ここから立て直したいところだったが、メッツ打線は追撃の手を緩めない。

 2回先頭のフランシスコ・アルバレスにバックスクリーン左にソロ本塁打を浴び、さらに2回一死から、2番のニモにも直球を捉えられ、この日、3本目となる左中間へ2ランを浴びた。直後には「あれが入るのか」というアクションで今永はぼう然、思わず首を振るしぐさも見せた。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧