「RIZIN.26」五味・所・ミノワマンvs皇治・太田・スダリオ、元PRIDE戦士は新旧カリスマ対決に注目

タグ: , , , 2020/12/29

 大晦日にさいたまスーパーアリーナで行われる格闘技の祭典「RIZIN.26」。朝倉海vs堀口恭司のバンタム級タイトルマッチや、神童・那須川天心の一戦など、多くのビッグマッチが組まれている。

PRIDEなどで活躍した元総合格闘家の大山峻護さんは、格闘技界のレジェンドと新星の戦いに注目。その見どころを聞いた。

大山峻護さん

・今すぐ読みたい→
堀口恭司のコーチ「過去試合は参考にならない別の選手。むしろ良い一年の休息だった」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/mike-brown-talks-about-rehabilitation-period-02/






ミノワマン vs. スダリオ剛(RIZIN MMAルール:5分 3R 120.0kg)


44歳のミノワマンは、ボブ・サップやチェ・ホンマンなどの階級上の巨漢にも勝利を収めてきた超人ファイター。一方のスダリオ剛は相撲界から転身し、9月の「RIZIN.24」で総合デビューを果たしたプロ2戦目の23歳。

「9年ぶりのさいたまスーパーアリーナということで、ここで選ばれるというのは、彼は本当に格闘技の神様に愛されているんだなと思いました。年齢的なことやブランクを考えても、スダリオ選手の方が有利かなというところはありますが、そういうものを全て跳ね返してきた男。ボブ・サップとの試合とか、階級上のどう考えてもミノワマン選手が不利だろうという試合をひっくり返すことができる、もっている男。彼は純粋に格闘技が好きで、その心が届いているからみんなに愛されている選手」

「スダリオ選手は、20代前半という若さで力士のフィジカルを保ちつつ格闘技の世界に来たというのは驚異です。デビュー戦を見ましたが、格闘技の吸収率、ボティコントロールがすごかったですね。体の預け方とか、グラウンドでのコントロールの仕方、打撃のフォームとか、非常にセンスがあると感じたました。エンセン井上さんの下で厳しい練習をして、ミノワマン選手への対策もしっかりしてくると思うので、手強いだろうなと思います。ミノワマン選手のようなレジェンドと対戦できるのはすごい財産なので、まさしく胸を借りるつもりで、いろいろなものを感じて力に変えて欲しいですね。彼には日本のヘビー級を背負うような選手になって欲しいです」





「数字的に見たら、スダリオ選手の方が体も大きいし若い。その上、勢いもある。ミノワマン選手は44歳で、試合との間隔も空いているというところから、スダリオ選手の方が有利という見方もあります。ただ、そういうものをすべてひっくり返すのがミノワマン選手。ミノワマン選手にはまだまだ若手には負けない、年齢じゃないんだぞ、というところを日本中に見せて欲しいです。一方のスダリオ選手は問題を起こして相撲界を引退したという経緯がありますが、そういった挫折をした選手がまた立ち上がり、輝ける場であって欲しいなとも思います。どっちが勝っても勇気を与えてくれるような試合になると思うので、とても楽しみですね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧