山口すず夏、野村敏京に7日開幕「ISPSハンダ・ヴィック・オープン」直前インタビュー

タグ: , , , 2019/2/6

 2月7日(木)〜10日(日)、オーストラリアで開催する「ISPSハンダ・ヴィック・オープン」を皮切りに始まる春のアジア・オセアニアシリーズ。同大会で注目の日本人選手といえば、なんといっても1月にプロ宣言をした18歳の山口すず夏。宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ日本ゴルフ界史上3人目となる高校生プロゴルファーが、いよいよLPGA女子ゴルフツアーでプロとしてのデビュー戦を迎える。

山口すず夏 写真:Getty Images

・合わせて読みたい→
畑岡奈紗、山口すず夏の今シーズンの展望、春のアジアシリーズの見どころ 服部道子が分析(https://cocokara-next.com/motivation/nasahataoka-suzukayamaguchi-outlook-of-this-season/)

また、同大会は男女同時開催の新規大会でもあり、上原彩子、横峯さくら、野村敏京らに加えて、石川遼ら男子勢も参戦することでも話題となっている。

WOWOWでは、開幕を直前に控えた山口、野村に独占インタビューを行った。

■ 山口すず夏


Q.いよいよLPGA女子ゴルフツアー初年度が始まりますが、今どのようなお気持ちですか?
「この大会がプロデビュー戦となるので、精一杯頑張りたいと思っています」

Q.強風の中での試合になりますが、コースの印象はどのような感じですか?
「下がとても硬く、フォローの風だと転がっていくので、計算をしっかりして風とお友達になれるようにしていきたいです」

Q.2つコースがあるのですが、どのような特徴がありますか?
「クリークコースは、10~18番ホールに池が多く、難しいホールがあります。しっかりスコアを出せるように頑張っていきたいです」

Q.ビーチコースはいかがですか?
「(クリークコースとは)基本的には似ているのですが、また違った雰囲気で、落としどころにバンカーがあり難しいです」

Q.男子との共同開催となりますが、どのような印象ですか?
「ボールにフェースが当たる音が違いますし、飛距離も出るので、力まないようにしていきたいと思います」

Q.LPGA女子ゴルフツアー初参戦に向けてどのような練習をされてきましたか?
「現地入りしてから、砲台やグリーン周りで転がす練習をしました」

Q.どのくらいスコアが出せそうですか?
「距離は短いので、風がないとスコアは出ると思います。60台をしっかり出していきたいです」

Q.グリーン周りはいかがですか?
「ホールによって芝が違うので難しいです」

Q.今大会への意気込みを聞かせてください。
「プロデビュー戦なので、上位でフィニッシュできるように頑張りたいです!」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧