畑岡奈紗、山口すず夏の今シーズンの展望、春のアジアシリーズの見どころ 服部道子が分析

タグ: , , , , 2019/2/4

 2018シーズンはツアー2勝、そして世界ランキング7位という華々しい結果を残した畑岡奈紗。そして2019シーズン、さらなる期待が高まるなか、その舞台となる世界最高峰のLPGA女子ゴルフツアーが1月17日に幕を開けた。この初戦、新規トーナメントとなる「ダイヤモンド・リゾーツ トーナメント・オブ・チャンピオンズ」はプロアマ形式で行われ、プロは過去2シーズンの優勝者のみが出られるスペシャルなもの。日本勢からは畑岡のみが出場し、26人のトッププレーヤーが超一流ならではのハイレベルな技術を見せつけた。3日目を終えて24位タイだった畑岡だったが、最終日に4アンダーで、大会4日間を通じて自身のベストスコア『67』をマーク。結果的に16位タイに終わったが、今シーズンの調子を専門家はどうみたのか。開幕戦を連日生中継で放送したWOWOWで、解説を務めた国内女子ツアー元賞金女王の服部道子に聞いてみよう。

畑岡奈紗 写真:Getty Images

・合わせて読みたい→
「女性版タイガー・ウッズ」が語る 畑岡奈紗のポテンシャル(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nasahataoka-move-at-high-speed-05/)


——LPGA女子ゴルフツアー、いよいよ始まりましたね。新しいフォーマットでの大会でしたが、振り返ってみていかがでしょうか?
■服部道子(以下、服部)「スポーツ界のレジェンドなどセレブリティたちと選手が一緒にラウンドするという、LPGA女子ゴルフツアーでは初めてのイレギュラーなプロアマ形式でしたが、選手にとっては充実した大会だったのではないでしょうか。普段なかなか接する機会の少ない、他ジャンルのレジェンド達からトップアスリートとして学ぶことは多かったと思います。唯一ゴルフという競技がこういった趣向の試合ができる、というのが面白いですよね」

——選ばれた26人のトッププレーヤーのみが参加し、日本人選手で唯一出場した畑岡奈紗選手のプレーにも注目が集まりましたが……。
■服部「開幕戦というのは、選手にとってどうしても独特の不安があります。畑岡選手はさらにクラブもキャディも新たに替えて臨みました。そんな状況の中、最終日を4アンダー、ベストスコア『67』というのは価値あるプレー。それまでの3日間もパッティングの歯車が合わなかっただけで、決して調子が悪いという印象はありませんでした。結果は16位でしたが、最終日のアグレッシブなプレーは、まさに『今シーズンもやれる!』と本人もどこかで確信していたからではないでしょうか」

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧