強い選手と弱い選手の違いは… 堀口恭司、松田宣浩、山田恵里 アスリート座談会1

タグ: , , , 2019/1/31

  福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手、北京五輪で金メダル、2020年東京五輪での活躍も期待される「ソフトボール界のイチロー」山田恵里選手、そして2018年末のRIZINで劇的な一本勝ちを決めた総合格闘家の堀口恭司選手が「世界一のアスリート座談会」を行った。

スポーツキャスターの田中大貴さんを中心に、野球、ソフトボール、格闘技のレジェンドが集結。それぞれの思いや疑問を、競技の枠を超えて語り合った夢の座談会の第一弾をお届けする。

・合わせて読みたい→
堀口恭司「キツイ時は無になる」、ファンイベントで格闘技への思いを語る(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-fan-event/)

強い選手と弱い選手の違いは…


田中:皆さん、今日が初対面ですか?

松田:僕は山田さんとは何度かお会いしています。野球とソフトボールは競技が似ているので、対談や番組の企画で一緒になることがあって。堀口君とは初めてですね。

田中:格闘技と野球はあまり接点がなさそうだけど、格闘技の選手は球技をどのように見ていますか?

堀口:子供の頃はサッカーをやっていたので、球技も好きですよ。野球選手はみんな体が大きいので、すごいなと思いますね。

松田:格闘家の方もめっちゃいい体しているじゃないですか。僕らあんなパンチとか痛くて耐えられないですよ。

堀口:パンチは見えるので、どうやって避けるかですね。でも、野球のデッドボールの方が痛そうじゃないですか。

松田:元プロ野球選手の古木克明さんは引退した後に格闘家に転身したけど、痛くて泣いたって言っていました。痛さで心が折れたって。

松田:格闘技で強い選手と弱い選手の違いってなんですか?

堀口:強い選手は先を読みます。弱い選手はその場だけの対応しかできていないです。パンチを打ったら、その次の次くらいまで考えています。次、相手選手が何をしてくるかっていうのが、仕草でだいたいわかりますね。

田中:堀口君が見て、日本人で一番素晴らしい才能だなって思う選手は誰?

松田:自分でしょ(笑)

堀口:(笑)。井上尚弥さんですかね。

田中:井上尚弥君も同じように、三手先までイメージしていると言っていました。年末の那須川天心君とメイウェザーの一戦はどうでした?

堀口:やっぱり階級が違うので、もろに階級差が出ましたね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧