ノムさん持論「投手出身は監督に向いてない」がなんだ!高津ヤクルト交流戦Vで黄金時代再来か

タグ: , , 2022/6/12

 強さは本物か。昨季リーグ優勝、日本一のヤクルトが4年ぶりに交流戦を制した。11日、4番村上宗隆(22)の19号逆転満塁本塁打などでソフトバンク(ペイペイドーム)に7ー4で勝ち、交流戦13勝4敗で1試合を残して優勝を決めた。

【関連記事】全員プロの指導者 「ヤクルトの95年ドラフト4人衆」が凄すぎる

 高津臣吾監督(53)は「ずっとパ・リーグを意識して戦ってきたし、全チームに勝ち越して優勝できたことはすごくうれしい。交流戦を通じてリリーフピッチャーが頑張り、最後マクガフまでのつなぎは本当によくできた」と振り返った。

 交流戦の投手陣の防御率を比較すると、先発陣が3.34で、リリーフ陣は1.42。勝利数もリリーフで7勝と、先発の6勝を上回る。エースとしての働きを期待した3年目の奥川が離脱中でも、継投で我慢強くしのぎ、不動の4番村上を中心とした打線で中盤以降、逆転する劇的な試合が目立った。

 好調の要因は、昨年から継続する選手管理によるところが大きい。長いシーズンを見越して、無理をさせない。リリーフには勝利の方程式の一員でも3連投が限度。先発ローテーションは定石の6人でなく、7~8人で回す。42歳石川は中10日の登板で、通算180勝目を挙げた。





 開幕直後は奥川だけでなくサンタナ、中村といった離脱者が出たが、主力を欠いても誰かが穴埋めする好循環。適度な休養策で、出番が増える若手のモチベーションも高い。捕手で台頭した高卒2年目の内山壮、遊撃手として起用し続ける高卒3年目の長岡ら新戦力も躍動している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧