「バッティング練習してるんでしょ?」落合博満氏が指摘したG小林 打撃の「問題点」とは

タグ: , , , 2022/6/10

 巨人は9日の西武戦(ベルーナドーム)に4ー3と勝利。主将・坂本が故障から復帰し、いきなり5打数3安打1打点の猛打賞。チームを勢いづける先制打で連敗を3で止めた。

【関連記事】巨人「坂本劇場」再び!復帰後猛爆の「あの原動力」とは

 先発の菅野が発熱で登板回避。急遽、代役を務めたドラフト3位の赤星が粘り強く投げ、試合を作った。走者を背負いながら、5回2安打1失点。要所を締め、4月17日以来の3勝目を挙げた。

 久々に投打がかみあっての快勝となったが、舞台裏で注目を集めたのはこの日、放送されたBSテレ東で巨人OBの中畑清氏と共に解説を務めた落合博満氏の発言にもあった。

 現役時代に三冠王を3度獲得、中日監督時代には4度のリーグ優勝にチームを導くなど名将として知られる。最近はユーチューバーとしても現在の球界に活発な発言を行っている同氏が両軍ナインに向けてどんな発言をするのかが注目された。





 様々な話題に及ぶ中、目を向けたのはこの日、途中出場となった巨人・小林の打席だった。7回二死一、二塁の好機、直前に立岡のタイムリーが飛び出し、4ー1とリードを3点に伸ばした場面だった。打席に入った小林の打率が2年連続で打率0割台(20年・056、21年・093)と低迷していることに触れられると「バッティング練習してるんでしょ?」と苦笑しつつ、小林は捕手というポジションから「キャッチャーだからどうやって自分がリードするか頭の中に置いたら、バッティングも良くなると思うんだけど」とアドバイスする場面もあった。

 さらに打撃向上のために大事な練習としては「素振り」をあげた。「下半身もどっしりしてくるし、インサイドならインサイド、アウトコースならアウトコースと設定して打つこともできる。来るボールに左右されることもなく自分の世界に入って打つことができる」とメリットを掲げた落合氏。結局、この回、小林は空振り三振に倒れた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧