新人合同自主トレは意外にきつくない!?攝津正氏が語る、自主トレの裏側!

タグ: , , , 2022/1/14


 プロ野球界は、長いシーズンを戦い終え、束の間のオフシーズンとなる。しかし、選手たちはすぐに自身の能力向上に向けて自主トレを始める。それは新たにドラフト会議で指名された選手たちも例外ではない。プロ野球選手としてシーズンを迎える前に、新人合同自主トレが立ちはだかるのだ。

そんなプロ野球界の自主トレの裏側について、現役時代ソフトバンクで沢村賞をはじめ、最優秀投手、最優秀中継ぎ投手など数多くのタイトル獲得や、5年連続開幕投手、2013年にはWBC日本代表など、多くの功績を残してきた攝津正氏が、自身でおこなっているYouTubeチャンネル「攝津正 SETTU#50」で語った。

【動画】攝津氏が語る自主トレの裏側、自主トレの手配は先輩・若手どっちがやるの?
・今すぐ読みたい→
果たして「報復死球」は実在するのか?元ソフトバンクエース・攝津正氏が真実を語る! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/retaliation-hit-by-pitch/



オフシーズンになると様々な選手たちの自主トレ風景や、合同自主トレの情報を目にする機会が増える。春季キャンプの前に行われている各自の自主トレ。その先陣を切るのが「新人合同自主トレ」だ。

ルーキー達はこの新人合同自主トレで初めて、プロの世界に足を踏み入れる事になる。

そんな新人合同自主トレについて、攝津氏は、

「年明け、1月2週目くらいからキャンプぎりぎりまで練習する感じじゃないですかね」

と、日程を振り返りながら、アマチュアとプロとの違いに対する質問に、同氏は意外な感想を持ったことをこう振り返った。





「走ったり、投げたりすることは一緒ですけど、細かいトレーニングは色々なメニューをすごくたくさんやったなというイメージです。でも、思ってたよりはきつくないなというイメージでしたね」

と、社会人(JR東日本)に所属していた時の方が練習時間や練習量が多かったことを理由に挙げてそう語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧