ソフトボールの五輪復帰を目指す!元日本代表監督・宇津木妙子氏が高速千本ノックを披露し、山田恵里ら代表選手から悲鳴も!?

タグ: , , , , 2022/1/20

 北京五輪に続いて2021年の東京オリンピックでも金メダルを手にし、見事連覇を果たした日本女子ソフトボール代表。一方、次の2024年のパリ五輪では再び開催種目から外れた。改めて日本ではソフトボール人気が高まる中、その流れを継続させようと様々な取り組みが行われている。

2022年1月15日に栃木県つがスポーツ公園で、ソフトボールのイベント「東京オリンピック金メダル記念・みんなで1万本ノック」が開催され、宇津木妙子氏や山田恵里ら、ソフトボールチームの選手たちが参加した。その様子が、「CoCoKARAnext」のYouTubeチャンネルで披露されている。

【動画】宇津木妙子の神業速射砲千本ノックに、山田恵里らソフトボール界のレジェンドが潰される!?
・今すぐ読みたい→
宇津木妙子氏と山田恵里氏がインタビューで語る「ソフトボール界のこれから」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/eriyamada-taekoutsugi-interview-01/



参加した宇津木氏は、1997年から2004年まで女子ソフトボール日本代表監督を務め、シドニー五輪で銀メダル、アテネ五輪で銅メダル獲得に導いた。ソフトボール界をここまで盛り上げた立役者の一人。また、山田は女子ソフトボール日本代表として、2004年のアテネ五輪で銅メダル、2008年の北京五輪、昨年の東京五輪では主将としてチームを牽引し金メダル獲得に大きく貢献した実績を持つ。

イベントでは地元の小中学生ら約300人が参加し、宇津木氏の高速ノックとして有名な「速射砲ノック」を、日本代表の3人がデモンストレーションでノックを受けた。





宇津木氏の高速ノックは、まるでマシーンのように止まることなく、圧倒的なスピードで打ち続けられ、さすがの現役選手からも「もう無理!もう無理!」と、悲鳴が上がるほどだ。

そんな「地獄ノック」にも、東京五輪でもキャプテンを務めた山田は焦らず見事にさばいていく。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧