矢野阪神 「サイン盗み」騒動を決着させた裏にある「あの本音」とは

タグ: , , 2022/1/20


 気持ちよくシーズンに臨みたい。19日、プロ野球の12球団監督会議がオンラインで行われ、その席で昨季、物議をかもした阪神の「サイン盗み」騒動について、改めて「フェアプレー精神の遵守」を確認するとともに、「ヤジ禁止」を打ち出す場面があった。

・今すぐ読みたい→
矢野阪神 新庄プランを一蹴!男を上げた「舞台裏」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akihiroyano-reject-director-change-plan/



 この日の会議の終盤、議題となったのは、昨季球界で物議をかもした「サイン盗み騒動」だった。

 これは昨年7月6日のヤクルト・阪神戦(神宮)で二塁走者・近本の「帰塁動作」に伴う左手の動きを「打者へ何らかのサインを伝達しているのでは」と解釈したヤクルトベンチが阪神側に抗議。これに応酬した矢野監督と高津監督がグラウンド上で激しく言い争う事態にまで発展、大きく話題を呼んだ。その後、セ・リーグは疑われるようなサイン伝達はなかったと見解を示す一方で、阪神球団に注意という形で決着していた。

 一方、この騒動は現在に至るまで尾を引いている。SNS上では球団、選手への誹謗中傷が続き、現在でもその流れは止まっていない。在阪メディアの一部からはほかの選手の名前まで飛び出し、まるで組織ぐるみでサイン盗みを行っているかのような印象を与える出来事もあった。





 こういった流れを受け監督会議の中ではセ・リーグの杵渕統括が「SNSでいつまでも誹謗中傷がなくなっていないので、再度確認させてもらいます。心ないヤジ、特にサイン盗みうんぬんのヤジは特に慎みましょう」と改めて各球団に申し入れ。これは阪神側からの強い要望もあったという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧