「日本は優勝候補大本命だ」台湾メディア、WBCの日本メンバーを警戒 チーム力の高さも強調

タグ: , , , 2022/12/28

(C)Getty Images

 来年3月に開催となる第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。今回は各国とも大物メジャーリーガーのメンバー入りが有力視されているものの、初代、そして第2回大会覇者である日本代表の前評判はやはり高いようだ。

 すでにエンゼルスの大谷翔平やパドレスのダルビッシュ有、そしてカブスの鈴木誠也も出場の意思があることを表明している。また、今月下旬には予備登録メンバーの内容も伝えられており、ヤクルト村上宗隆オリックス山本由伸をはじめとするNPB球団の主力の他、MLBから日系人プレーヤーも加わる見込みだという。

【関連記事】日ハム・清宮幸太郎 相手指揮官からも批判を浴びた「新たな悪癖」とは【2022回顧録】






 過去に例をみないほどのタレントが揃い、さまざまな個性が集結することとなる「侍ジャパン」。海外でもそのメンバー構成などが大きく報じられている中、過去、幾度となく名勝負を演じてきたライバル国からも熱視線が送られている。

 台湾メディア『TVBS新聞』では、公式サイト上で野球日本代表を特集しており、今大会のチームの特徴などを論じながら、投打で中核を担うであろう選手の名前を挙げ強い警戒心を示している。

 同メディアは「グループBで最強の日本チームは優勝候補の大本命と目されている」として日本を紹介しており、「4人の好投手に加え、多くの強打者を擁している」と指摘した。

 その上で、投手では、先発の柱として期待される大谷、ダルビッシュ有、山本、さらに千葉ロッテ佐々木朗希の4名を「エース級」と評している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧