全米OPテニスで株を上げた選手、下げた選手は?

タグ: , 2020/9/16

 テニスの4大大会の1つ、全米オープン女子シングルスで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ選手(22)。黒人差別に対する抗議の意思を込めたマスクを着用しながら勝ち上がり、注目を集めた。

(c)WOWOW

・今すぐ読みたい→
大坂なおみ、2年ぶり2度目の全米制覇!決勝後独占インタビュー https://cocokara-next.com/athlete_celeb/naomiosaka-victory-us-open-tennis/



 勝つたびに変えた7枚のマスクには、人種差別で犠牲になった黒人の名前がそれぞれに記されていた。優勝インタビューでマスクへの思いを聞かれると「あなたが受け取ったのはどんなメッセージだったの?」。世界中の人々へ問いかけるような逆質問に「差別に対して人々への議論を求めることだった」と説明し、多くのファンから称賛を浴びた。

 一方、逆の意味で注目を集めたのは、男子シングルス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)。4回戦の第1セット途中、プレー後にポケットから取り出したボールを打ち、女性線審ののどを直撃。これが危険行為とみなされ、大会失格が決まった。

 危険ショットだった。相手にポイントを奪われ、いら立ちのこもったボールをぶつけられた壁際の線審はうめき声をあげ、苦しそうに倒れ込んだ。ジョコビッチは慌てて謝罪に向かったが、プレーする機会はもうなかった。





 今季無傷の26連勝は、思わぬ形でストップ。今大会で得たランキングポイントと賞金2650万円の没収、罰金186万円の処分が課された。ファンの怒りは、思わぬ方向へ向かった。線審のSNSには批判が殺到し、オンライン上で脅迫も受けたという。ジョコビッチが「彼女は悪くない。サポートしてほしい」と訴えるなど、波紋は広がった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧