グレイシー一族に恨まれ、倍返しされた格闘家の波乱万丈すぎる戦い~失神、骨折、網膜剥離~

タグ: , , 2020/9/4

 1990〜2000年代の格闘技界において、グレイシー一族と言えば泣く子も黙る最強格闘一家。さらにヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップ、ピーター・アーツと言えば、知らぬ人はいないほど、格闘技界を震撼させたファイターだ。

そんなラスボス級ファイターたちと死闘を繰り広げてきたのが、元総合格闘家の大山峻護さん。柔道選手として全日本実業団個人選手権優勝という実績を持つ武道家だが、総合格闘技イベント「PRIDE」の試合に衝撃を受け、26歳にして総合格闘家へ転身した魂の格闘家だ。

現在は格闘技とフィットネスを融合させた「ファイトネス」の普及に努めるなど、新たな人生を意欲的に過ごしている大山さん。名だたる選手に立ち向かい、何度負け続けても這い上がってきた不屈の日本男児に、何度でも立ち上がり挑み続ける所以を聞いた。

ミルコ・クロコップ戦 (C)関根孝

・今すぐ読みたい→
朝倉海vs扇久保の一戦を「グレイシー一族と死闘を続けた男」が語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rizin23-shungooyama-review/






グレイシー一族に辛勝も世間から大バッシング、「勝っても喜んでもらえない辛さ」


――2001年にPRIDE初参戦した際の対戦相手が、当時格闘技界の寵児で、大山さん憧れの存在でもあった桜庭和志を破ったヴァンダレイ・シウバ。どんな気持ちでしたか?
大山:あの時はアメリカの総合格闘技イベントでプロデビュー2試合をして、それでシウバ戦でした。今までに経験のない強さだったので、逆に怖くなかったんですよ。「やってやるよ」って気持ちでした。若さというか、経験のない人の強みでしょうね。経験を積んできた選手の方が、知っているからこそ怖いんですよ。だからあの時は試合中も強気でしたね。右のフックがシウバに当たって、相手の膝がガクンって落ちたのを覚えています。若さ故の勇気が当ててくれたと思います。

――シウバ相手にパンチが決まった時は最高の気分でした?
大山:それで逆に慌てちゃったんですよね。経験のなさが出てしまいました。経験がない故の強みと経験がない故の弱さが出て慌ててしまって、結局逆転されて負けました。

――その2ヶ月後に行われたPRIDEの2試合目はヴァリッジ・イズマイウと対戦
大山:彼は事前インタビューの時に「大山と殴り合う」と言っていたので、「よし上等だ!殴り合ってやる」と思って一生懸命に殴り合いの練習をしました。だけど、ゴングがなった瞬間にタックルされて…。そのままずっと寝技でパウンドされて負けました。そういう駆け引きができないのが、経験のなさですよね。真に受けちゃう。それがきっかけで右目の網膜剥離になってしまいました。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧